更新履歴

学生・教職員でユリノキの土入れをしました

新入生の成長を祈って植樹式を行いました

2018年4月27日
入学を記念したユリノキの植樹式がチャペル・アッセンブリ・アワーの時間に行われました。 空は曇っていましたが、ゴールデンウィークを控え、キャンパス内の木々はみずみずしい若葉が芽吹いてきています。 山田学長、下田尾宗…の続きを読む

地域に根差して歩むことの豊かさ

2018年4月27日
キャンパスに新たに植えられた若木を囲みながら、学長先生の説教により、植樹礼拝として守りました。敬和学園大学に入学された皆さん一人ひとりは「流れのほとりに植えられた木」のような存在です。大地にしっかりと根を張りながら、本学が提供するリベラルア…の続きを読む

「木々は光を浴びて(詩編1:2-3)」(2018.4.27. C.A.H.入学記念植樹式説教)

2018年4月27日
大学の構内は4月の始めから今に至るまで、ソメイヨシノ・寒緋桜・しだれ桜・八重桜が次々と満開になって100本の桜シンフォニーが奏でられてきました。今はハナミズキとハナモモが満開です。本学では2003年に新井明学長が就任した時か…の続きを読む

春爛漫です

2018年4月27日
キャンパスの八重桜が満開です。本学にある74本のソメイヨシノ、2本の寒緋桜、4本のしだれ桜、20本の八重桜が次々と満開になり、100本の桜の木のシンフォニーが奏でられてきました。庭先ではスミレに加えてチューリップが咲き、道端ではタンポポが咲…の続きを読む
メールを送る

このサイトについて | 個人情報について | ソーシャルメディア・ポリシー | 採用情報 | 教職員ポータル