学長室だより

2003年9月26日号

2003年9月26日
東京の大妻女子大学での集中講義に、9月上旬のやく1週間をあてた。新発田に戻ってくると、まわりの田園のイネが黄ばんでいた。立ち並ぶ高層ビルの石壁とそのあいだを無言で行く人間の群れを眺めてすごした1週間のあとのことだ。稲田に囲まれたこのキャンパ…の続きを読む

2003年9月22日号

2003年9月22日
日本キリスト教団五泉教会の藤田基道牧師からお便りをいただき、教団の『新潟地区ニュース』に原稿を、というお求めをいただきました。さっそく、「新発田に招かれて」という題で次のような文章を書いてお送りいたしました。 北垣宗治氏がつくりあげた…の続きを読む

2003年9月19日号

2003年9月19日
北越の地に移るについて、知友諸氏に転居通知を出した。敬和学園という名を見て、ただちに届いた返事のひとつは沖縄からであった。沖縄には親しい友人が多い。大学の集中講義やキリスト教の講演会、その他のことで何回も訪れている地である。沖縄本島の宮里(…の続きを読む

2003年9月12日号

2003年9月12日
敬和学園大学の1年生はボランティア活動に一日を費やす。ある老人施設でのこと、指導教授の若い先生が、学生を一列に並べて、ご自分はその中央に立ち、ご老人たちを前にして讃美歌の合唱を行なった。ご老人たちも、歌詞のプリントを見ながら、低い声を出して…の続きを読む

2003年9月9日号

2003年9月9日
台風10号が佐渡沖をとおり、日本海上を北海道の東にむけて去った。翌朝、散歩をしていると、濡れた空気のなかに、葵(あおい)がみごとな花をつけていた。白い花、紫の花、またその花弁の中心に深紅にちかい模様をつけている花々。緑の葉にかこまれて、この…の続きを読む

2003年9月5日号

2003年9月5日
7月9日は敬和学園大学のボランティア・デイであり、一年生は12組に分かれ、担任の教員が付き添って、各地に散った。各地といっても主に新発田市にある保育園、幼稚園、デイサービス・センター、知的障害者通所授産施設、また海岸に。海岸というのは、人の…の続きを読む
メールを送る

このサイトについて | 個人情報について | ソーシャルメディア・ポリシー | 採用情報