更新履歴

2003年10月31日号

2003年10月31日
10月10日にユリノキの植樹を行ってから、教養リフレッシュ・リトリートのために、一同バスで胎内(たいない)のパークホテルへ向かった。日本基督教団富士見町教会の倉橋康夫牧師の「宗教と人間」というお話を2日にわたってうかがった。本格的な講演は有…の続きを読む

2003年10月24日号

2003年10月24日
まえに勤めていた日本女子大学の英文学科から、大学の(英文学科の)創立百年を記念して、「小史」をつくりたいので、「成瀬仁蔵と英文学科の創設」なる文章を書いてくれ、との依頼があった。先年末のことである。定年後、まる3年ちかくにもなる旧教員に、し…の続きを読む

2003年10月17日号

2003年10月17日
10月10日は「教養リフレッシュ・リトリート」と称する一泊の勉強会のために、胎内(たいない)というところに向けて、バスで発した。その前に一同は一本の木の植樹式を行なった。延原宗教部長の司会で、黙想、讃美歌、聖書朗読などの入った20分であった…の続きを読む

【チャレンジ学生5】ドイツでの生活

2003年10月10日
ドイツでの生活 今年の夏、大学の自由留学制度を利用して、ドイツ語を学ぶために1ヶ月間、ドイツのチュービンゲン大学のサマーコースに参加してきました。日本に帰ってきて家族や友人から「ドイツはどうだった?」ときかれますが、楽しかった…の続きを読む

広報誌「敬和カレッジレポート」第36号を発行しました

2003年10月10日
敬和学園大学 広報誌「敬和カレッジレポート」第36号 CLOSE UP「絵本とわたし」1994年度卒業生 菅野 由貴子 ボランティアへの取り組み 教職課程から 教育実習/事前指導研修のご報告 就職にむけて インターンシップ/OB・O…の続きを読む

2003年10月3日号

2003年10月3日
2003年度「就職対策講座」が9月17日に催された。最初に学長としての挨拶。現在は3学年の若者たちを相手にして、あなたがたは今、かならずしも将来の自分を想像することはできないのかもしれない。あなたがたは親しい先生方や、とくに就職指導室の皆さ…の続きを読む
rp_ath0301.jpeg

『アブラハム-約束を背負わされた父と子-』 鈴木佳秀

2003年10月1日
『アブラハム-約束を背負わされた父と子-』 鈴木佳秀 鈴木佳秀 著 『アブラハム-約束を背負わされた父と子-』 新潟日報事業社 2003年10月 1,000円+税 序章 アブラハムとは、いったい誰のこと 第一章 未知の世界への…の続きを読む
メールを送る

このサイトについて | 個人情報について | ソーシャルメディア・ポリシー | 採用情報