更新履歴

2007年6月29日号

2007年6月29日
6月15日のチャペルの時間は、渡邊幸二郎氏にお出でいただき、「如何に信徒になったか」という話をしていただいた。敗戦後、キリスト教排斥の風はなくなっていたこともあり、兄上に勧められて教会を訪ねた。家業を手伝う必要から、高校進学を諦めざるをえな…の続きを読む

2007年6月22日号

2007年6月22日
象潟(きさかた)を訪れる機会は、これまで何回かあった。新発田に来る以前のことである。なぜか、と問われれば、それは芭蕉なのだ。「象潟や雨に西施(せいし)がねぶの花」。(1689年の夏、芭蕉46歳。)新発田には合歓(ねぶ)の木は少ない。しかし、…の続きを読む

2007年6月15日号

2007年6月15日
ヘンリ・D・ソローの『森の生活』(1854)の話を新発田で聞くことができた。前学長の北垣宗治さんが今年度の敬和学園大学オープン・カレッジのトップ・バッターとして、生涯学習センターの壇上に上がってくださったのだ。①簡素な生活をせよ、②自然を友…の続きを読む

2007年6月8日号

2007年6月8日
東京・世田谷の鷗友学園女子高等学校の高1研修会が、今年は5月28日から箱根で行なわれた。2泊3日の研修日のうち、聖書講義は3回。例年そこに招かれて30年になる。都塵を離れ、信州・追分、御殿場・東山荘と歩いてきて、最近は芦ノ湖の宿である。19…の続きを読む

2007年6月1日号

2007年6月1日
湛江は二度目である。一昨年の11月にこの地の師範大学と「教育・学術に関する協定書」に署名した。今回は昨秋、日本学科が新設され、その記念の「文化講演会」に招かれたもの。5月8日はその一連の行事に丸一日が費やされた。北嶋藤郷教授の「『唐詩選』・…の続きを読む
メールを送る

このサイトについて | 個人情報について | ソーシャルメディア・ポリシー | 採用情報