更新履歴

雄の初子に関わる規定

2009年10月30日
犠牲を捧げる伝統はどの世界にもみられます。初子を神に捧げるという儀礼は、古代イスラエルにも存在していました。 申命記には「あなたの牛の群れや小家畜の群れで生まれたすべての雄の初子を、あなたはあなたの神ヤハウェに聖別しなければならない。あな…の続きを読む

食べてはいけないもの・その4

2009年10月23日
肉食の世俗化に続いて、食物規定(申命記14章3節~21節前半)を取り上げてきましたが、「あなたは子山羊をその母親の乳で煮て〔食べて〕はならない」(14章21節後半・私訳)という禁令がすぐ後に続きます。この禁令の儀礼的理由は何だと思いますか。…の続きを読む

食べてはいけないもの・その3

2009年10月16日
食物リスト(申命記14章3節~21節)は、末尾で「羽があって群棲するもの」(19節)に触れています。これら昆虫類については、ほとんどが穢(けが)れたものとされていますが、「すべて清い羽のあるもの」(20節)は食べてもよいというのです。同類の…の続きを読む

広報誌「敬和カレッジレポート」第60号を発行しました

2009年10月10日
敬和学園大学 広報誌「敬和カレッジレポート」第60号 Close up「法をとおして社会を見よう」国際文化学科 藤本 晃嗣 留学生の受け入れ 日本語・日本文化研修プログラム(JCLP)  アメリカ・アリゾナ州へ留学 夏期短期留学プログ…の続きを読む

【卒業生リレー・エッセイ12】~アマチュア劇団を主宰する織田智頼さん~

2009年10月10日
続けられる価値との出会い 卒業してから早10数年。学生時代を振り返れば様々なことをしてきましたが、これだけは何よりも濃くいまだ続けていることがあります。 現在、私は仕事をしながら『舞台屋織田組』というアマチュア劇団を主宰し、年2…の続きを読む

【チャレンジ学生27】異なる価値を認めること

2009年10月10日
異なる価値を認めること 僕は「ドラマ」の授業で、陪審員3号と7号の役で『12人の怒れる男たち』を英語で精読しました。 想像してみてください。あなたが裁判員の一人に選ばれることを。正直なところ、難しいですよね。人の人生を左右す…の続きを読む

食べてはいけないもの・その2

2009年10月9日
食べてもよいものと、忌み嫌うべきもののリスト(申命記14章3節~21節等)は、動物の他に水の中にすむもの、魚類にも触れています。 食べてもよいのは、すべてひれと鱗があるもの(9節)で、ひれと鱗がないものは食べてはならない(10節)とされて…の続きを読む

食べてはいけないもの

2009年10月2日
血のしたたる牛肉を退け、血抜きの処理をしてから食べる慣習は現在でもユダヤ人社会で守られています。アメリカのスーパー等では、正しく処理した牛肉の売り場が特設されています。モーセの戒めを2千年以上も守っているのです。戒めの中に、食べてもよいもの…の続きを読む
メールを送る

このサイトについて | 個人情報について | ソーシャルメディア・ポリシー | 採用情報