更新履歴

人の初子を犠牲として献げたモレクの祭儀

2009年11月27日
パレスチナには、人の初子をモレクに献げる儀礼が存在していました。アブラハムのドラマは、結果的に人身御供をモレクに献げる儀礼への批判という意図を帯びています。異教と同じ犠牲を命じた神の意図ははかり難いものですが、アブラハムはそれをどのような気…の続きを読む

アブラハムに下された神の命令

2009年11月20日
初子については、独り子イサクを焼き尽くす献げ物として献げよと神がアブラハムに命じたドラマを避けて通ることはできません。常軌を逸した命令であることは明らかです(創世記22章2節)。人の初子は、犠牲として献げず、身代わりをもって贖(あがな)うこ…の続きを読む

長子の特権と女性の相続

2009年11月13日
初子として母の胎から生まれた女子については、特別な規定がありません。長子(男性)には相続上の特権があり(創世記25章27節~34節)、父の財産を相続するとき、長子は弟たちの二倍を受け継ぐことになっていました(申命記21章15節~17節)。長…の続きを読む

人の初子は献げたのか

2009年11月6日
初めて胎を開く初子は特別視されていました。家畜の初子(男性名詞のみ)について、雄と明記せず一般的に規定しているものもありますが(出エジプト記22章28節~29節、民数記18章15節~18節)、雄だけが犠牲として神に献げられたのです(出エジプ…の続きを読む
rp_ath0905.jpeg

『イエスの友会機関紙 「火の柱」に見る太田俊雄』 太田俊雄 著・高澤昭一 編集

2009年11月5日
『イエスの友会機関紙 「火の柱」に見る太田俊雄』 太田俊雄 著・高澤昭一 編集 太田俊雄 著・高澤昭一 編集 『2009 日本キリスト教史「敬和学園史レポート集成」Vol.15(2009.11) イエスの友会機関紙 「火の柱」に見る太…の続きを読む

『English Time』外山節子 (共著)

2009年11月5日
外山節子 (共著) 『English Time』series(Central America Edition) (Oxford University Press)…の続きを読む

『子どもと英語-児童英語教育の意義・目的とは-』外山節子 (著)

2009年11月5日
外山節子 (著) 『子どもと英語-児童英語教育の意義・目的とは-』 (アルク) 円…の続きを読む

『英語の絵本 読み聞かせスタートブック』外山節子 (共著)

2009年11月5日
外山節子 (共著) 『英語の絵本 読み聞かせスタートブック』CDつき (コスモピア) 1,890円…の続きを読む

『経験としての聖書』山田耕太 (共著)

2009年11月5日
山田耕太 (共著) 『経験としての聖書』 (日本聖書学研究所) 8,400円…の続きを読む

『社会福祉の新たな展開-次の10年に向けて-』安井豊子 (共著)

2009年11月5日
安井豊子 (共著) 『社会福祉の新たな展開-次の10年に向けて-』 (皇學館大学出版部) 2,100円…の続きを読む
メールを送る

このサイトについて | 個人情報について | ソーシャルメディア・ポリシー | 採用情報