学長室だより

ダビデの物語・ダビデの台頭史その48

2012年1月27日
「サウル王家とダビデ王家との戦いは長引いたが、ダビデはますます勢力を増し、サウルの家は次第に衰えていった」とサムエル記は伝えます(下3章1節)。サウルの出身部族ベニヤミンの勇者たちはサウルへの忠誠を守っていましたが(2章25節)、イシュ・ボ…の続きを読む

ダビデの物語・ダビデの台頭史その47

2012年1月20日
「サウルの子イシュ・ボシェトは四十歳でイスラエルの王となり、二年間王位にあった。だが、ユダの家はダビデに従った。ダビデがユダの家の王としてヘブロンにとどまった期間は七年六ヶ月であった」(サムエル記下2章10節~11節)とあるように、イスラエ…の続きを読む

ダビデの物語・ダビデの台頭史その46

2012年1月13日
ユダ部族の王とされたダビデは、ギレアドのヤベシの住民がサウルを丁重に葬ったことを知り、使者を遣わし「あなたがたが主に祝福されますように。あなたがたは主君サウルに忠実に尽くし、彼を葬りました。今、主があなたがたに慈しみとまことを尽くしてくださ…の続きを読む

ダビデの物語・ダビデの台頭史その45

2012年1月6日
サウルとヨナタンが戦死したことは、全イスラエルを束ねる指導者がいなくなったことを意味します。ダビデには王となるチャンスが訪れたと言えますが、サウルに従っていた兵士たちがダビデに従うかどうかは分かりません。ダビデは敵と見なされていたからです。…の続きを読む
メールを送る

このサイトについて | 個人情報について | ソーシャルメディア・ポリシー | 採用情報 | 教職員ポータル