更新履歴

ダビデの物語・ダビデの台頭史その57

2012年3月30日
「ダビデはこの要害に住み、それをダビデの町と呼び、ミロから内部まで、周囲に城壁を築いた。ダビデは次第に勢力を増し、万軍の神、主は彼と共におられた」(サムエル記下5章9節~10節)。エブス人の町エルサレムはイスラエル諸部族が管理する町ではあり…の続きを読む
admi01

入学式のご案内(2012年度)

2012年3月28日
敬和学園大学では、来る4月4日水曜日に、下記のとおり入学式を行います。 敬和学園大学はキリスト教主義に基づく人格形成を教育の基本としており、入学式もキリスト教形式で行われます。奏楽が演奏される中を、黒のガウンに帽子をかぶった教員が入場し、…の続きを読む

ダビデの物語・ダビデの台頭史その56

2012年3月23日
王となったダビデは、小都市ヘブロンを拠点にしてペリシテに対抗することは考えませんでした。戦略上の利点を考え、エブス人が住んでいた要塞都市を攻略しようとしたのです。「王とその兵はエルサレムに向かい、その地の住民のエブス人を攻めようとした。エブ…の続きを読む
03162

思い出を語らい合った卒業記念パーティー

2012年3月16日
卒業式の後、新潟グランドホテルへ会場を移し、卒業記念パーティーが行われました。 卒業準備委員が作成した、4年間の写真を使ったスライドショーが流され、参加した卒業生や保護者の皆さま、教職員とで楽しかった学生生活を思い起こしながら、語らいの時…の続きを読む

ダビデの物語・ダビデの台頭史その55

2012年3月16日
「ダビデは三十歳で王となり、四十年間王位にあった。七年六ヶ月の間ヘブロンでユダを、三十三年の間エルサレムでイスラエルとユダの全土を統治した」(サムエル記下5章4節~5節)。この注記は、後代の歴史家が記した記録であることは、お分かりいただける…の続きを読む
0316

卒業式を開催、未来に旅立つ卒業生たち

2012年3月16日
第18回卒業式が聖籠町町民会館で行われました。昨年の卒業式は、東日本大震災のため、急きょ会場を本学体育館としました。こうしてまた再び、聖籠町で式典を行えたことに感謝いたします。 式典では、鈴木佳秀学長から卒業生一人ひとりに、力強い握手と共…の続きを読む

ダビデの物語・ダビデの台頭史その54

2012年3月9日
「イスラエルの全部族はヘブロンのダビデのもとに来てこう言った。『御覧ください。わたしたちはあなたの骨肉です。これまで、サウルがわたしたちの王であったときにも、イスラエルの進退の指揮をとっておられたのはあなたでした。主はあなたに仰せになりまし…の続きを読む

ダビデの物語・ダビデの台頭史その53

2012年3月2日
イスラエル諸部族の召集軍は解体の危機にありました。野心を抱く者たちがダビデに取り入ろうとしたのは、起こるべくして起こる状況であったかもしれません。「アブネルがヘブロンで殺されたと聞いて、サウルの息子、イシュ・ボシェトは力を落とし、全イスラエ…の続きを読む
rp_snp003.jpg

年報「新発田学」第3号(2012年3月)

2012年3月1日
年報「新発田学」第3号 新発田市で環境問題を学ぶ…Gregory Goodmacher 「阿賀北ロマン賞」ポスター写真 第3回「阿賀北ロマン賞」受賞作品 「阿賀北ロマン賞」について 第3回「阿賀北ロマン賞」大賞受賞作選評 随…の続きを読む
メールを送る

このサイトについて | 個人情報について | ソーシャルメディア・ポリシー | 採用情報