学長室だより

ダビデの物語・ダビデ王位継承史その59

2013年5月31日
「フシャイはアブサロムに、『今回アヒトフェルが提案したことは良いとは思えません』と言い、こう続けた。『父上とその軍がどれほど勇敢かはご存じのとおりです。その上、彼らは子を奪われた野にいる熊のように気が荒くなっています。父上は戦術に秀でた方で…の続きを読む

テキストと格闘したレポートが

2013年5月27日
荒削りのレポートでしたが、先生から教えられたとおり、聖書本文を丁寧に読んでから研究論文を読むという手法に従ったものでした。ヘブライ語聖書語句辞典(コンコーダンス)を使い、どの用語がどの箇所で使われているのかを徹底的に調べ上げました。それくら…の続きを読む

ダビデの物語・ダビデ王位継承史その58

2013年5月24日
アヒトフェルの提言は、長老全員の目には正しいものと映ったようです(サムエル記下17章1節〜4節)。しかし「アブサロムは、『アルキ人フシャイも呼べ。彼の言うことも聞いてみよう』と言い、フシャイがアブサロムのもとに呼び出された。アブサロムは言っ…の続きを読む

ダビデの物語・ダビデ王位継承史その57

2013年5月17日
「アヒトフェルはアブサロムに言った。『一万二千の兵をわたしに選ばせてください。今夜のうちに出発してダビデを追跡します。疲れて力を失っているところを急襲すれば、彼は恐れ、彼に従っている兵士も全員逃げ出すでしょう。わたしは王一人を討ち取ります。…の続きを読む

増補拡張説でレポートを

2013年5月13日
説明できない部分を残したままレポートを書かざるを得なかったのです。論文を書くという気持ちはありませんでした。申命記で二人称単数形部分と複数形部分が使われている部分を調べると、使われている箇所に偏りがあったのです。二人称単数形での法典部分には…の続きを読む

ダビデの物語・ダビデ王位継承史その56

2013年5月10日
「そのころ、アヒトフェルの提案は、神託のように受け取られていた。ダビデにとっても、アブサロムにとっても、アヒトフェルの提案はそのようなものであった。」(サムエル記下16章23節)とあり、政府高官の立場は、仕えている王に最善の政策を提言するの…の続きを読む

ダビデの物語・ダビデ王位継承史その55

2013年5月2日
「アブサロムはアヒトフェルに、『どのようにすべきか、お前たちで策を練ってくれ』と命じた。アヒトフェルはアブサロムに言った。『お父上の側女たちのところにお入りになるのがよいでしょう。お父上は王宮を守らせるため側女たちを残しておられます。あなた…の続きを読む
メールを送る

このサイトについて | 個人情報について | ソーシャルメディア・ポリシー | 採用情報 | 教職員ポータル