学長室だより

失敗した一科目

2013年10月28日
日本人に聖書が分かるのかと質問する者はいなくなりました。親しく声をかけてくれる友人が増えたことも事実でした。次の試験のため猛勉強が続きます。クニーリム先生の演習は金曜日の朝8時から12時まで。コーヒーブレイクが15分あるだけで、ヘブライ語聖…の続きを読む

ダビデの物語・ダビデ王位継承史その80

2013年10月25日
「ヨアブの従者の一人が傍らに立って言った。『ヨアブを愛する者、ダビデに味方する者はヨアブに続け。』だが、アマサが道の真ん中に血にまみれて転がっていたので、兵士たちは皆立ち止まった。この男はそれを見てアマサを道から畑に移し、そこまで来た者がそ…の続きを読む

ダビデの物語・ダビデ王位継承史その79

2013年10月18日
「彼らがギブオンの大石のところにさしかかったとき、アマサが彼らの前に現れた。ヨアブは武装して、さやに納めた剣を腰に帯びていたが、ヨアブが前に出ると、剣が抜けた。ヨアブはアマサに、『兄弟、無事か』と声をかけ、口づけしようと右手でアマサのひげを…の続きを読む

ダビデの物語・ダビデ王位継承史その78

2013年10月11日
「ダビデはエルサレムの王宮に戻ると、家を守るために残した十人の側女を集め、監視付きの家に入れた。彼は側女たちの面倒は見たが、彼女たちのところに入ることはなかった。彼女たちは死ぬまで閉じ込められ、やもめのような生涯を送った。」(サムエル記下2…の続きを読む

試験突破の戦略

2013年10月11日
夏休み前に渡米したのは資料を読むためでした。宣言どおり、翌日から一日十時間の勉強を課して実行しました。関根先生の言葉を背中に、図書館にこもってメモを取りつつ文献を読みました。年に三回しか試験がないので、戦略を立てて臨むことにしたのです。一回…の続きを読む

ダビデの物語・ダビデ王位継承史その77

2013年10月4日
王としてエルサレムに帰還する際に、ダビデ一行はヨルダン川を東から西に渡らなければなりませんでした。王を迎えるため、渡し場で、ユダの人々とイスラエルの人々との間で、忠誠心を見せる醜い争いが生じたのです。王の好意を得て国内の利権を失わないように…の続きを読む
メールを送る

このサイトについて | 個人情報について | ソーシャルメディア・ポリシー | 採用情報