学長室だより

ダビデの物語・ダビデ王位継承史その96

2014年2月28日
ダビデはソロモンに遺言を語っていますが、王としての身の処し方だけでなく、国家の安泰を考えた言葉を残しているのです。「またあなたは、ツェルヤの子ヨアブがわたしにしたことを知っている。彼がイスラエルの二人の将軍、ネルの子アブネルとイエテルの子ア…の続きを読む

法典に秘められていた組織体制

2014年2月24日
第三の文体は、イスラエル全体を統合させて「あなた」と呼びかけるものです。7章6節「あなたはあなたの神ヤハウェの聖なる民であり、あなたの神ヤハウェは、地上のすべての民の中からあなたを選び、自らの宝の民としたからである。」(私訳)。疑問の余地は…の続きを読む

ダビデの物語・ダビデ王位継承史その95

2014年2月21日
「死期が近づいたとき、ダビデはこう言って王子ソロモンを戒めた。『わたしはこの世のすべての者がたどる道を行こうとしている。あなたは勇ましく雄々しくあれ。あなたの神、主の務めを守ってその道を歩み、モーセの律法に記されているとおり、主の掟と戒めと…の続きを読む

ダビデの物語・ダビデ王位継承史その94

2014年2月14日
「アドニヤに招かれた客は皆、震えながら立ち上がり、それぞれ帰途についた。アドニヤもソロモンを恐れ、立って行き、祭壇の角をつかんだ。この知らせがソロモンに伝えられた。『アドニヤはソロモン王を恐れ、祭壇の角をつかんで言っています。「この僕を剣に…の続きを読む

求める者に与えられた一筋の光明

2014年2月10日
祈り続ける中で、ひらめきが与えられる経験をしました。「求めなさい。そうすれば与えられる。探しなさい。そうすれば見つかる。」(マタイによる福音書7章7節)という聖書の言葉は、苦しい探求の中で成就したのです。解決を求め写経を始めたのですが、二人…の続きを読む

ダビデの物語・ダビデ王位継承史その93

2014年2月7日
「アドニヤと、彼と共にいたすべての客は、その声を聞いた。彼らは食事を終えたばかりであった。ヨアブは角笛の音を聞いて、『どうして町に騒がしい声がするのだろうか』と言った。こう話しているうちに、祭司アビアタルの子ヨナタンが来た。アドニヤは、『近…の続きを読む
メールを送る

このサイトについて | 個人情報について | ソーシャルメディア・ポリシー | 採用情報 | 教職員ポータル