学長室だより

なぜモーセが法典の語り手なのか

2014年5月26日
法典は親しく相手に語りかける文体で戒めや掟を提示しています(申命記12章〜26章)。古代メソポタミアの法典(法集成)は、王が法の神(シャマシュ)から統治を委託され、客観的に三人称表現で規定を記述しています。旧約聖書の法には、民間で活動してい…の続きを読む

なぜヨシヤ王の改革と関係すると言えるのか・その5

2014年5月12日
編集者が異なった文体を使わざるをえなかった理由、それを説明しなければなりません。偶然では説明になりません。悲劇的な歴史がそこに潜んでいることに気づかされたのです。二人称単数形が帯びている文体要素をもって親しく語りかけるべき対象が、消滅してし…の続きを読む
メールを送る

このサイトについて | 個人情報について | ソーシャルメディア・ポリシー | 採用情報 | 教職員ポータル