チャペルのひびき

rp_15979534601_056076ab5c.jpg

いつまでも心を温め続ける良き記憶を ~クリスマスツリー点灯式

2014年11月28日
 大雪の名残をとどめるバックヤードにおいて、有志の学生の皆さんと教職員で、クリスマスツリーの点灯式を守ることができました。鈴木学長先生が、短いながらも、心に残るメッセージを語ってくださいました。学生紛争の嵐吹きすさぶ学生時代、教会で守った慰…の続きを読む
rp_15425051064_d9464eab65.jpg

負のしるしを希望のしるしに 

2014年11月28日
 手束信吾先生(栃尾教会牧師)をお迎えして守ったチャペルにおいて、先生は、パウロの「キリストの焼印」という言葉とご自身のお体に負われた火傷を重ね合わせて、心に沁みるメッセージをお語りくださいました。ある時期までは負のしるし(スティグマ)とし…の続きを読む
rp_15887511555_40d799af6f.jpg

サンタ・プロジェクト

2014年11月21日
 山崎由紀先生が、クリスマスの季節、病気の子供たちに本を贈る「サンタ・プロジェクト」についてお話しくださいました。これは由紀先生が5年前のチャペル・アワーでアメリカでの経験を紹介されたことがきっかけで、前宗教部長の大澤秀夫先生を中心に新発田…の続きを読む
rp_15622781670_aee422e5ef.jpg

忘却は罪である

2014年11月14日
  「やはり被災地のことを」とのタイトルのもと、先週のチャペルにおいて、金山愛子先生がお話しくださいました。震災直後、あれ程、声高に叫ばれた被災地との「絆」を訴える大合唱が、アベノミクスやら東京五輪招致の高揚の中で不思議な程に静かになってし…の続きを読む
rp_15575825698_b955cd84de.jpg

差別のない社会のために

2014年11月7日
 ご自身の今にいたるお働きの原点とのいうべき学生時代に起こった出来事について、先週のチャペルで藤野豊先生が語ってくださいました。平和の名のもとに、暴力が横行し、そのために学内の教室において大切なご友人が殺害されたとのお話は、現代の学生にとっ…の続きを読む
メールを送る

このサイトについて | 個人情報について | ソーシャルメディア・ポリシー | 採用情報