チャペルのひびき

学生週間

2016年6月24日
今年度から、「学生週間」を設け、チャペル・アワーにおいても、前期、後期に一人ずつ、学生にメッセージを担当していただくことになりました。英語文化コミュニケーション学科の2年生、北愛美さんが、幼少期より外国で過ごされてきた経験、また大事な方々と…の続きを読む

寄留の他国人を大切にすること

2016年6月17日
旧約聖書の預言者エレミヤの言葉に耳を傾けました。神に選ばれた特別の民であるとの思い上がりを抱くユダ(イスラエル)の民に対して、神を愛すると同時に、隣人たち、とりわけ孤児や寡婦、寄留の他国人といった弱き者たちの権利を守り、その命に対する責任を…の続きを読む

心をもって心を聴くこと

2016年6月10日
佐渡ピース・キャンプ(日本基督教団・新潟地区世界宣教委員会主催)に関係する二人の先生をお招きすることができましした。チャペル・アワーでは、三村修先生(佐渡教会牧師)が旧約聖書の「コへレトの書」の中の「水の上にパンを投げよ」との聖句の持つ意味…の続きを読む

一期一会を生きること

2016年6月3日
山崎ハコネ先生が、イエスの語られた「タラントン」のたとえ話を基にメッセージを語ってくださいました。わずかのタラントンしか預けられなかったように見える僕(しもべ)も、実は、当時の貨幣価値からみれば相当な額を委ねられていたとのこと。私たちは他者…の続きを読む
メールを送る

このサイトについて | 個人情報について | ソーシャルメディア・ポリシー | 採用情報