チャペルのひびき

アライになること

2016年10月28日
山﨑ハコネ先生が「識別する知恵を与えたまえ」とのタイトルのもと、そのタイトルのもととなった20世紀のアメリカを代表するラインホルト・ニーバーの祈りに触れられながら、また、つい最近、ご自身の看取られた方の最期についてご紹介くださりながら、お話…の続きを読む

要らない存在などはない

2016年10月14日
京都の龍谷大学よりJohn Dougill先生をお招きし、「隠れキリシタン」に関するご講演を金山先生の素晴らしい通訳を通して伺うことができました。厳しい弾圧と禁制の中を命を賭して信仰を保ち続けたキリシタンの存在を、ご著書を通じて世界に紹介し…の続きを読む

希望につながれている未来

2016年10月7日
アシュラムセンター主幹牧師の榎本恵先生をお招きして後期最初のチャペルを守ることができました。「あなたの未来に希望はあるか」とのタイトルのもと、先生は、キリスト誕生の際のマタイ福音書の嬰児虐殺の物語に込められた意味を、フランドルの画家ブリュー…の続きを読む
メールを送る

このサイトについて | 個人情報について | ソーシャルメディア・ポリシー | 採用情報 | 教職員ポータル