学長室だより

「「日本のスコットランドに!」パーム宣教師と新潟」(2019.7.26. C.A.H.)

2019年7月26日
敬和学園大学の体育館は、パーム館と呼ばれています。「パーム」とは何でしょうか。それは新潟に最初に来た宣教師の名前なのです。今年は新潟開港150周年の年です。新潟は鎖国政策を止めて最初に港を開いた開港5港(長崎・兵庫(神戸)・…の続きを読む

前期最後の授業となりました

2019年7月26日
梅雨明けを告げるかのように、セミが一斉に鳴き出しました。前期の最後の授業の週となりました。学生たちはレポート書きや試験の準備に追われています。 よいレポートは、自分自身の疑問から始まります。いろいろな授業を聞いてきて、「なぜ」「どうし…の続きを読む

敬和の教育

2019年7月19日
梅雨の合間の晴れの日には、朝から野バトがしきりに鳴いています。 7月13日のオープンキャンパスも大勢の高校生と保護者の皆さんにお越しいただきました。大学で何が学べるのか、大学はどのような雰囲気なのかを確かめて楽しんでいただきました。 …の続きを読む

新潟開港150年の年に

2019年7月12日
昨年と同様に今年も梅雨のゲリラ豪雨が各地に被害をもたらしました。7月7日の七夕も全国的に曇り空や雨模様となりました。 今年は1869年(明治2年)に開港5港の一つとして新潟港が開港して150周年の年にあたります。1858年(安政5年)…の続きを読む

神を敬い、人に仕える

2019年7月5日
遠くの大日岳の雪渓は既に6月にすべて消えました。その背後にある飯豊山の雪渓がまだ少し残って見えます。昨年の冬は平野では雪が少なかったですが、山では大雪であったことが分かります。 先週の29日土曜に、敬和学園の高大合同研修会が大学で開催…の続きを読む
メールを送る

このサイトについて | 個人情報について | ソーシャルメディア・ポリシー | 採用情報 | 教職員ポータル