チャペルのひびき

闇の中から輝き出る光

2019年11月29日
チャペル・アワーでは、本学理事長の榎本榮次先生が、「コリントの信徒への手紙2」に基づき、イエス・キリストという方において輝き出た光ついて、語ってくださいました。その光は、外から灯された光にあらずして、深い闇の中から輝き出た光。そうであるがゆ…の続きを読む

神さまの大きな計画の中に、自分の人生を方向づけること

2019年11月22日
チャペル・アワーでは、金山愛子先生(本学英語文化コミュニケーション学科教授)が、新約聖書「ローマ信徒への手紙」に記された使徒パウロの言葉から、神の前に人はすべて平等であるとの聖書の大事なメッセージについて、また、使徒が心に抱いていた伝道計画…の続きを読む

自然に対して私たちに委ねられた責任

2019年11月15日
チャペル・アワーにおいては、房文慧先生(本学国際文化学科教授)が、神さまの造られた自然を未来の世代に向けて維持してゆくという人間の担わなければならない責任について、独特の「潟文化」を育んできた新潟の地における自然保護や資源利用の実践等に触れ…の続きを読む

一つひとつの命が尊ばれる未来に向けて

2019年11月8日
チャペル・アッセンブリ・アワーにおいて、藤野豊先生(本学国際文化学科教授)が、すぐる10月27日(日)に「りゅーとぴあ(新潟市民芸術文化会館)」にて開催された、混声合唱組曲「悪魔の飽食」・新潟公演の様子とその意義について、実行委員長の大役を…の続きを読む

過去と現在と未来をつなぐもの

2019年11月1日
チャペル・アワーは、田中利光先生(共生社会学科教授)が「「過去」と「未来」のあいだで」との題のもと、豊かなメッセージを届けてくださいました。先生は、ジブリ映画『千と千尋の神隠し』に描かれたカオナシという存在に触れつつ、名前(自分が自分である…の続きを読む
メールを送る

このサイトについて | 個人情報について | ソーシャルメディア・ポリシー | 採用情報 | 教職員ポータル