更新履歴

敬和学園大学「人文社会科学研究所年報」 No.18(2020年6月)

2020年6月30日
敬和学園大学 「人文社会科学研究所年報」 No.18 高大7年制教育に向けてのパイロットスタディ(試験的研究)-敬和学園高校出身者の英語力の伸長度調査- 敬和学園大学英語文化コミュニケーション学科1年生の英語能力・英語学習に関…の続きを読む

ハレハワイイさまよりマスクのご寄付をいただきました

2020年6月26日
新発田市でフラダンス衣装などの製造を行われているハレハワイイさまより、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、不織布マスク1,000枚のご寄付をいただきました。 ご寄付いただきましたマスクにつきましては、実習に参加する学…の続きを読む

来週から対面授業に戻ります

2020年6月26日
梅雨の晴れ間には、大学キャンパス上空の高い所でヒバリがさえずっています。近くのどこかにヒバリの巣があるのでしょう。時計台の真下では、今年もキンシバイの黄色い花が美しく咲いています。 先週の19日金曜のチャペル・アッセンブリ・アワーの終…の続きを読む

【学生の皆さま】6月29日からの対面授業の再開について

2020年6月23日
5月14日に新潟県の緊急事態宣言が解除され、続く5月25日には全国すべての緊急事態宣言が解除されました。 敬和学園大学では、政府の指針を基準としてあらかじめ定めておいた学内方針に従い、対面授業の再開を進めています。 敬和学園大学は、…の続きを読む

リンゴの木と桜の木

2020年6月19日
庭先では、ツユクサの紫色の花が咲きました。新潟県も梅雨入りして、雨の日が多くなってきました。5月中旬に白い花が咲いた本学のニュートンのりんごの木に、青いリンゴの実が実ってきました。この木は、ニュートンが万有引力の法則を発見した孫の木になりま…の続きを読む

地域循環型社会の重要性

2020年6月12日
遠くの山々の山頂付近を覆う大きな白い綿雲が、上昇気流によって入道雲に育ちはじめるころとなりました。今年は例年になく街中でカッコウが鳴いています。大学の周囲の水田では夜の帳が降りるころからカエルの合唱がにぎやかになります。 …の続きを読む

【学生インタビュー】自分の知らないところまで見てもらえる安心感

2020年6月5日
敬和学園大学は少人数なので、先生や職員の皆さんが私たち学生一人ひとりのことをよく見てくれています。先生方は、学生の個性や特性をしっかりと把握してくれているので、自分に合ったコースやさまざまな活動を勧めてくれます。職員の皆さんは、授業や学生生…の続きを読む

【学生インタビュー】地域×学生による商品開発で私の福祉のフィールドが広がりました

2020年6月5日
粟島浦村でアマドコロという植物を使ったアイスクリームの商品開発を行いました。「ビジネス」と「福祉」は、地域の人たちの問題を解決するという意味で根っこは同じだということに気づき、一気にフィールドが広がりました。 (共生社会学科3年 鎌田舞) …の続きを読む

【学生インタビュー】大学でのチャレンジのすべてが、「コミュニケーション」につながりました

2020年6月5日
消極的だった私が、敬和の学びを通じて何ごとにも積極的に取り組めるようになりました。教職課程、英語、異文化交流、映像制作、ラジオのMC、どの学びも「コミュニケーション」という一つのテーマでつながっています。 (英語文化コミュニケーション学科4…の続きを読む

【学生インタビュー】好きなことを好きなように学べる、リベラルアーツから学んだ価値観

2020年6月5日
映像制作を学び実践するうちに、知識だけではなく人間性が大切だと分かりました。周囲の友達は将来目指す方向がそれぞれ違いますが、そのおかげで逆に自分自身の視野が広がり、互いに高め合うことができています。 (国際文化学科4年 髙橋築) …の続きを読む
2020.6.5学長ブログ

対面授業がゆっくりと再開されました

2020年6月5日
大学の西の調整池では、佐渡島からいただいたカンゾウの花が見ごとに咲いています。初夏の暑さがやって来て、クールビズの季節に入りました。 今週から月・水・金曜の対面授業が始まりました。来週は火・木・土曜の対面授業が始まりま…の続きを読む
メールを送る

このサイトについて | 個人情報について | ソーシャルメディア・ポリシー | 採用情報 | 教職員ポータル