資格・就職

バドミントン日本リーグ高岡大会に敬和学園大学OB登場!![2012-11-08]

富山ブラックにはごはんもつけたいバボです、こんにちは。

今日は10月30日のブログ、「バドミントン日本リーグが熱い!」の続編です。

敬和学園大学バドミントン部OBの武下利一選手(トナミ運輸)と藤原達矢選手(東北マークス)が出場しているバドミントン日本リーグを観戦してきました。

日本リーグ高岡大会1

日本リーグ高岡大会2

11月4日、富山県高岡市の高岡市民体育館で行なわれたトナミ運輸対東北マークス戦。

武下選手はロンドンオリンピック日本代表の佐々木翔選手がチームメイトのため、普段はなかなか出場機会に恵まれないのですが、この日はシングルスで出場、東北マークスのエース青山選手に2-0で見事に勝利しました。
日本リーグ高岡大会3

日本リーグ高岡大会4

日本リーグ高岡大会5

日本リーグ高岡大会6
会場内はトナミ運輸のホームということもあって「武下」コール、「利一」コールで一杯でした。
日本リーグ高岡大会7

一方、藤原選手はいつもは第2ダブルスで出場していたのですが、この日は出番なしでした。(チーム1の破壊力と評されるスマッシュみたかった…、残念です)

日本リーグ高岡大会8

日本リーグ高岡大会9
試合はトナミ運輸が3-0で東北マークスに勝利しました。
日本リーグ高岡大会10
試合終了後、武下・藤原両選手に忙しい中出てきてもらい、少し話を聞くことができました。

日本リーグ高岡大会11

藤原選手は仕事との両立が大変だと言っていましたが、チームにも溶け込んでいる様子で充実しているようでした。

また、武下選手は私と話している間もファンの人に囲まれるほどの人気。サインや写真撮影にも丁寧に応じていました。

日本のトップリーグで活躍する卒業生を見て、バボはとても嬉しかったです。

バドミントンを一生懸命頑張りたいそこの高校生諸君、是非敬和学園大学バドミントン部へ!(練習はかなりきついです…)

 

 

 

ページトップ

メールを送る

このサイトについて | 個人情報について | ソーシャルメディア・ポリシー | 採用情報 | 教職員ポータル