教育プログラム

KeiwaHOPEと一緒に民宿再生、気仙沼大島に行きませんか?[2014-03-10]

こんにちは、KeiwaHOPEメンバーのコバです。

 

敬和学園大学には、学生・教職員による東日本大震災復興支援のためのボランティアチーム「KeiwaHOPE」があります。

東日本大震災の被災者の皆さまに、今、私たちにできることを企画立案し、実行していきましょう。
このグループの名前の由来は次のとおりです。
Keiwa HOPE = Keiwa for Helping Other PEople (敬和たすけ隊)
先の見えない復興への道のりを、私たちなりにささえ、少しでも希望をもっていただけるように考え、行動していきます。

KeiwaHOPEのFacebookページはこちら

 

1年生が中心となり、被災地のためにできることをしたいと、今月末に「新潟恩返し隊」とともに気仙沼大島の民宿再生プロジェクトに参加することになりました。

3月10日16:35から、Tenyのテレビ伝言板にて仲間を募ります!

3月10日16:35から、Tenyのテレビ伝言板にて仲間を募ります!

 

ただいま一緒にボランティア活動に参加してくれる方を募集しています。

本日10日16:35から、Tenyテレビ新潟(4ch)のテレビ伝言板でもアピールしますので、ぜひご覧ください。

 

<気仙沼大島民宿再生プロジェクト>
日程: 2014年3月28日(金)~30日(日) うち車中1泊
内容: 春の稼働を目指す民宿の再生事業
参加費: 交通費+宿泊費 2食付きで15,000円
宿泊先: 休暇村 気仙沼大島

一緒に参加してくれる方、こちらからご連絡をお願いします!!

ページトップ

メールを送る

このサイトについて | 個人情報について | ソーシャルメディア・ポリシー | 採用情報 | 教職員ポータル