教育プログラム

英語文化コミュニケーション学科の卒業論文発表会を開催しました[2016-02-02]

敬和学園大学では、1年生から4年生まで続く演習(ゼミ)の集大成として、学生と教員がマンツーマンで卒業論文に取り組みます。

毎年行われる卒業論文発表会には、教員のみならず後輩学生も参加し、研究の成果を共有しています。

卒業論文発表会 会場の様子

卒業論文発表会 会場の様子

 

今年の英語文化コミュニケーション学科の卒業論文発表会では、教員からの推薦を受けた学生3人の発表がありました。

 

“How to Attract more Chinese Tourists to Niigata Prefecture” 笠原やよいさん(Gregory GOODMACHER 教授)

笠原さんの卒業論文発表

笠原さんの卒業論文発表

 

“The Necessity of Elementary School English Education” 河内帆乃香さん(Gregory GOODMACHER 教授)

河内さんの卒業論文発表

河内さんの卒業論文発表

 

「高校サッカーのチームワーク評価」 佐野雄斗さん(益谷真 教授)

佐野さんの卒業論文発表

佐野さんの卒業論文発表

* ()内は指導教員

 

3名のうち2名は、プレゼンテーション、質疑応答ともすべて英語で行いました。
それぞれが、論文を要約したスライドやレジュメを使って説明を行い、発表の後には教員や学生たちとの白熱した議論が交わされました。

 

発表者の1人、河内帆乃香さんからのコメント
「外山節子教授の「児童英語教育」を履修し、授業では児童英語教育の理論と実践を学び、地域のボランティアでは実際に小学生に英語を教えてきました。その中で、生徒たちが笑顔で生き生きと活動に参加している姿を見て、小学校英語教育の可能性を見つけることができました。私の卒業論文では、この小学校英語教育の魅力と可能性について調査・研究をすすめ書き上げました。」

山田学長と卒論指導教員と一緒に

山田学長と卒論指導教員と一緒に

そのほかの写真は、敬和学園大学のFacebookページからご覧いただけます。

ページトップ

メールを送る

このサイトについて | 個人情報について | ソーシャルメディア・ポリシー | 採用情報