教育プログラム

地域と連携して実践する「地域学入門」がはじまりました[2017-10-21]

敬和学園大学では、地域と密着した学びとして「地域経営プログラム」を用意しています。

このプログラムでは、企業経営やコミュニティー形成のために必要となる理論を地域の現状と共に学び、地域社会の中で実践する経験を通じて、地域の未来を支える社会人を育成していくことが目的です。

このプログラムのスタート科目である「地域学入門」の1コマとして、新発田市内を見学する「バスハイク」が行われました。
1年生全員が4つのコースにわかれ、それぞれ目的に沿って、地域の歴史・文化・社会・経済の現状を見てまわりました。

 

<市街地コース>
新発田城 → 清水園、足軽長屋 → 蕗谷虹児記念館

新発田城

新発田城

清水園

清水園

 

<五十公野・菅谷コース>
五十公野御茶屋 → 五十公野公園あやめ園 → 菅谷寺

五十公野御茶屋

五十公野御茶屋

五十公野公園

五十公野公園

菅谷寺

菅谷寺

 

<豊浦Aコース>
市島邸 → 刀剣伝承館 → 月岡温泉内散策

市島邸(豊浦A)

市島邸(豊浦A)

刀剣伝承館(豊浦A)

刀剣伝承館(豊浦A)

月岡温泉(豊浦A)

月岡温泉(豊浦A)

 

<豊浦Bコース>
刀剣伝承館 → 月岡温泉内散策 → 市島邸

月岡温泉(豊浦B)

月岡温泉(豊浦B)

月岡温泉(豊浦B)

月岡温泉(豊浦B)

市島邸(豊浦B)

市島邸(豊浦B)

 

「地域経営プログラム」は、この後、2年次の「地域学」、3年次に地域企業での6週間インターンシップ実践による「アクティブラーニング実習」と続きます。

 

そのほかの写真は、敬和学園大学のFacebookページからご覧いただけます。

ページトップ

メールを送る

このサイトについて | 個人情報について | ソーシャルメディア・ポリシー | 採用情報