教育プログラム

まちカフェ・りんくにて第2回夜カフェ!を開催しました[2018-09-20]

新発田駅前通りの空き店舗を利用し、学生が中心となり経営している「まちカフェ・りんく」を会場にして、「第2回夜カフェ!」が開催されました。 「まちカフェ・りんく」は普段、学生たちがカフェの運営を基盤としながら、地域コミュニティの再生を目指した活動を行っています。

「夜カフェ!」は自由に好きなことや夢を語り合う時間、場所を作ろうと、学生が主体となって企画、運営するイベントで、今回が2回目となりました。

慣れない手つきでお酒を注ぎます

慣れない手つきでお酒を注ぎます

厨房は調理で大忙しでした

厨房は調理で大忙しでした

当日は美味しい料理、アルコールを食べ、飲みながら学生たちが語り合っていました。運営する学生スタッフもその様子を目に、楽しそうに注文を取ったり、ドリンクを作ったりしていました。厨房では調理担当の学生スタッフたちが調理に奮闘していました。

気心の知れた仲間と

気心の知れた仲間と

「第2回をやろうと声はあがったんですけど、なかなかリーダーが決まらなくて。気がついたらリーダーになっていました」と笑いながら話す調理姿の佐藤恵利果さん(共生社会学科4年生)。「いろいろ大変ですけど、楽しいです」と矢継ぎ早で飛び込んでくる注文に対応していました。

グループで和気あいあいとする学生たち、2人でじっくり語り合う学生もいれば、当日駆け付けた、第1回のスタッフだった卒業生の新社会人生活の様子に耳を傾ける学生の姿など、思い思いの「楽しい時間」を過ごしていました。

夢や好きなことをじっくり語り合いました

夢や好きなことをじっくり語り合いました

学年を超えて和気あいあい

学年を超えて和気あいあい

敬和学園大学には「やってみたい」に応える環境や場所、「どうやろう」をサポートする教職員や先輩学生たちが待っています。

そのほかの写真は、敬和学園大学のFacebookページからご覧いただけます。

ページトップ

メールを送る

このサイトについて | 個人情報について | ソーシャルメディア・ポリシー | 採用情報