キャンパスライフ

ふれあいバラエティのための車いす実習を行いました[2018-10-10]

敬和学園大学では、毎年10月、地域の福祉施設の皆さまをお招きし、学生たちと共に楽しいひとときを過ごしていただくイベント「ふれあいバラエティ」を開催しています。

このイベントには、多くの方が車いすでご参加されます。
今日は、参加いただく皆さまが快適にお過ごしいただけるように車いすの介助方法、正しい使い方を学びました。

車いすの使い方を学ぶ学生たち

車いすの使い方を学ぶ学生たち

 

学生たちは、実際に介助する人・される人、それぞれの立場になって車いすで学内を移動しました。
「段差を上がる時に車いすが斜めになると、とても怖い」、「ほんの少しの段差でもシートから強い衝撃が伝わってくる」、「何も言われずに車いすを押されると、どこに連れて行かれるのか不安になった」など、車いすに乗る人の気持ちになって考えることができました。

学生たちは、参加者の皆さんが少しでも安心して移動していただけるように、ふれあいバラエティ当日まで何度か練習しようと話し合っていました。

 

今年のふれあいバラエティは、10月25日(木)開催です。
学生たちは、授業の合間をぬって会場の飾り付けやイベントの準備に取り組んでいます。
今年も、皆さまとの楽しいひとときとなれますことを楽しみにしています。

ページトップ

メールを送る

このサイトについて | 個人情報について | ソーシャルメディア・ポリシー | 採用情報