キャンパスライフ

敬和学園大学主催で、全国高校ビブリオバトル新潟県大会を開催しました[2019-10-20]

敬和学園大学と新発田駅前複合施設イクネスしばたの主催で、「全国高校ビブリオバトル新潟県大会」を行いました。

当日は司会進行や運営に「敬和図書愛好会ライブリオ」のメンバーが参加しました。ライブリオは、本好きの学生が集まり、大学内外で活動している学生グループです。

参加した高校生の皆さんとライブリオの学生たち

参加した高校生の皆さんとライブリオの学生たち

 

全国高校ビブリオバトルは、日本国内の高校生が参加するビブリオバトルの全国大会で、各地域の予選を突破した高校生が出場します。全国大会は今年度が6回目ですが、新潟県大会は今回が初開催です。

敬和学園大学とイクネスしばたは、これまでも学生と地域の皆さまとでビブリオバトルの開催を重ねてきており、その実績が認められ、初めての新潟県大会を主催者として行うことができました。

ライブリオの進行で発表をする高校生バトラー

ライブリオの進行で発表をする高校生バトラー

新潟県内3校5名の高校生が新潟県大会に出場しました。自分が読んで面白かった本を観戦者に5分間で紹介するのですが、高校生の皆さんそれぞれがとても上手に発表されていて、観戦者はどの発表にも引き込まれました。

ライブリオのメンバーは開会式前に高校生とお話しするなどして緊張を解したり、ユーモアを交えた司会をすすめ、会場全体の温かい雰囲気づくりをすすめていました。

イクネスしばたの方々と事前の打ち合わせをすすめるライブリオの学生たち

イクネスしばたの方々と事前の打ち合わせをすすめるライブリオの学生たち

 

<紹介された本とチャンプ本>
・<チャンプ本>キッチン/吉本ばなな著:村上中等教育学校5年
・「伝える力」と「地頭力」がいっきに高まる東大作文/西岡壱誠著:敬和学園高校2年
・詩羽のいる街/山本弘著:新潟南高校1年
・「死」とは何か イェール大学で23年連続の人気講義/ケーガン,シェリー著:敬和学園高校2年
・ドーナツを穴だけ残して食べる方法 越境する学問 穴からのぞく 大学講義/大阪大学ショセキカプロジェクト 編:新潟南高校1年

*チャンプ本を紹介された村上中等教育学校の生徒さんは来年1月の全国大会の出場権を獲得しました。

 

<参加したライブリオのメンバーの感想>
「高校生の発表は情熱がこもっていて、感動しました。話し方も内容も上手でした。」
「本と自分の経験・知識を結びつけて話している姿を見て、素晴らしいと思い尊敬しました。1位に輝いた方には、全国大会でも自信を持ってがんばってほしいです。」
「会場に多くの人が来ていたにもかかわらず、発表していた高校生はハッキリとした声で話し、時にユーモアを交えている姿に圧倒されました。ビブリオバトルに参加していた高校生のような人を惹きつける話術を僕も手に入れたいなと思いました。」
「高校生とは思えないくらい分かりやすく、ハキハキと話されていて驚きました。発表の仕方も私たちが参考にしたくなったくらいです。全国大会に行かれることになった方にはぜひがんばってもらいたいです。」

 

ライブリオは、12月8日(日)、新発田市立図書館利用者友の会の方と一緒にイクネスしばたにてビブリオバトルを開催します。
こちらは一般の方向けのビブリオバトルですので、興味のある方はぜひバトラーに挑戦または観戦に来てください。新たな本と人との出会いを楽しみにしています。

ページトップ

メールを送る

このサイトについて | 個人情報について | ソーシャルメディア・ポリシー | 採用情報 | 教職員ポータル