教育プログラム

アクティブラーニングの実践(一覧)

グラフ
カフェの経営や小中学校の授業活動への参加、フリーペーパー・ラジオ番組の制作など、大学内での学びを地域・世界を舞台とした社会活動の中で実践してくことで、将来、職場や地域社会で仕事をしていく上で必要となる、広い視野を持って観察し、考え抜き、チームで働く力を養います。
書店から本を受け取る川崎さん(写真左)

【学生レポート】サンタ・プロジェクト・しばた ~試練が導いてくれた私の生き方~

2019年4月5日
サンタ・プロジェクト・しばたはクリスマスの時期に病院で過ごす子どもたちへ本を贈る取り組みです。 このプロジェクトは、敬和学園大学の山﨑由紀先生のアメリカでの経験をもとに、本学と地域の書店、病院が協力し、2008年にスタートしました。 在…の続きを読む
学生、教員、地域の皆さまと

【学生レポート】よりそいカフェ しゃんしゃん(認知症カフェ)について

2019年3月22日
よりそいカフェ しゃんしゃんは共生社会学科趙晤衍先生のゼミ生が主体となって開催している認知症カフェです。 新発田駅前の空き店舗を利用した「まちカフェ・りんく」で、定期的に開催してきました。 その立ち上げ、開催の実務に関わってきた横山美紀…の続きを読む
二人の指導に当たられた一戸信哉教授と

新潟県自作映像・視聴覚教材コンクールの最優秀賞を山川沙羅さん、優秀賞を鳥海楓さんが受賞しました

2019年3月14日
新潟県立生涯学習推進センターによる「平成30年度新潟県自作映像・視聴覚教材コンクール」の社会教育・地域映像部門で、敬和学園大学人文学部国際文化学科4年生の山川沙羅さん、国際文化学科2年生の長島瞭太郎さんが最優秀賞、国際文化学科4年生の鳥海楓…の続きを読む
私の見つけたサードプレイス、中之島

【学生レポート】私にとってのサードプレイス「中之島」~イナカレッジに参加して~

2019年1月10日
若者たちが期間を定めたチームの一員となり、その地域で暮らしながら、地域の課題解決を目指すプロジェクト「にいがたイナカレッジ」に、敬和学園大学の学生が参加しました。この活動は、本学の単位としても認定しているものです。 長岡市中之島にて、…の続きを読む

病院で過ごす子どもたちに本をプレゼント「サンタ・プロジェクト」のご報告

2018年12月25日
善意の市民の皆さまから、クリスマスの時期に病院で過ごす子どもたちに本のプレゼントを贈っていただく「サンタ・プロジェクト」が今年も行われました。 敬和学園大学からは、サンタ・プロジェクトしばたに学生サークル「俺たちのバイブル」「Art st…の続きを読む

敬和学園大学の学生が、キャロリングを行いました

2018年12月21日
敬和学園大学の学生がキリストの生誕を讃美歌を歌い、告げ知らせるキャロリングを今年も開催しました。 エクステンション科目の「キリスト教音楽」を受講する学生が中心となって、新発田市内の富塚・のぞみの里さま、新潟県立新発田病院さま、新発田教会さ…の続きを読む

サンタ・プロジェクトの学生がエフエムしばたさまの番組に出演しました

2018年12月10日
「サンタ・プロジェクト」の学生たちが、エフエムしばたさまの番組「しばた調査隊」に出演させていただきました。 サンタ・プロジェクトは、クリスマスを病院ですごす子どもたちに、本のプレゼントをお届けするものです(詳細はこちら)。 …の続きを読む

【アクティブラーニング紹介14】粟島プロジェクト

2018年12月10日
【アクティブラーニング紹介14】粟島プロジェクト 共生社会学科の趙ゼミでは、ソーシャルビジネスの学びの実践として「粟島プロジェクト」に取り組んでいます。ソーシャルビジネスとは、地域社会のさまざまな課題をビジネスの手法で解決を目…の続きを読む

クリスマスをテーマにしたキッズ英語教室「英語であそぼう」を開催しました

2018年12月8日
敬和学園大学と聖籠町週末体験クラブがコラボし、キッズ英語教室「英語であそぼう」を開催しました。 この活動は、敬和学園大学で児童英語教育プログラム・ディプロマ取得を目指す学生たちのインターンシップの一つで、外山節子先生の授業での学びを、聖籠…の続きを読む
未だ復興活動が続き、不安の残る現場の風景

敬和学園大学の学生が、西日本豪雨災害の復興ボランティア活動に参加しました(12月)

2018年12月7日
敬和学園大学の学生10名が西日本豪雨災害の復興ボランティアとして、12月1日から7日まで、岡山県倉敷市での現地活動に従事しました。 今回の活動は、学生HOPE(学生ボランティアコーディネーター)のメンバーが、日程調整、交通手段の確保、受け…の続きを読む

「地域学」で小柳産業さまを見学しました

2018年11月30日
敬和学園大学には「地域学」という授業があり、学生たちには、地元の自治体や会社のトップの方からお話を伺える機会が用意されています。 今回の授業では、地域の資源循環と環境保全をすすめる企業の1つ、小柳産業さまを見学させていただきました。小…の続きを読む
最初はぎこちなかった木沢の方との交流

【学生レポート】私の大切な場所~イナカレッジに参加して~

2018年11月20日
若者たちが期間を定めたチームをつくり、その地域で暮らしながら、地域の課題解決を目指すプロジェクト「にいがたイナカレッジ」に、敬和学園大学の学生が参加しました。この活動は、本学の単位としても認定しているものです。 2004年の中越地震で…の続きを読む
ルームメートとの楽しい時間

【学生レポート】大好きな英語がさらに好きになりました~AYFに参加して~

2018年11月6日
アジア・ユース・フォーラム(AYF)はアジアの大学生世代が集い、グローバル人材を育成するためのイベントで、敬和学園大学の学生たちも毎年参加しています。今年は久しぶりに日本(京都)で開催され、英語を共通語にお互いの文化を学び合い、社会の諸問題…の続きを読む

【学生レポート】私の人生のターニングポイント~AYFに参加して~

2018年11月6日
アジア・ユース・フォーラム(AYF)はアジアの大学生世代が集い、グローバル人材を育成するためのイベントで、敬和学園大学の学生たちも毎年参加しています。今年は久しぶりに日本(京都)で開催され、英語を共通語にお互いの文化を学び合い、社会の諸問題…の続きを読む
20181102地域学会社見学3

「地域学」で東北電力東新潟火力発電所さまを見学しました

2018年11月2日
敬和学園大学には「地域学」という授業があり、学生たちには、地元の自治体や会社のトップの方からお話を伺える機会が用意されています。 今回の授業では、地域のライフラインを支える企業の1つ、東北電力東新潟火力発電所さまを見学させていただきま…の続きを読む
20181025ふれあいバラエティ4

福祉施設の利用者さまをお迎えし、ふれあいバラエティを開催しました

2018年10月25日
毎年恒例のふれあいバラエティを開催しました。 このイベントは、地域の福祉施設の皆さまを敬和学園大学にお招きし、学生たちと共に楽しいひとときを過ごしていただくイベントです。 今年のテーマは、海と魚たちを楽しむ「水族館」。普段なかなかお…の続きを読む
収穫間近のぶどう「紫苑」

「地域学」で聖籠町議会を見学、ぶどう狩りを楽しみました

2018年10月12日
敬和学園大学には「地域学」という授業があり、学生たちには、地元の自治体や会社のトップの方からお話を伺える機会が用意されています。 今回の授業では、地元の自治体である聖籠町さまの役場や議会、ぶどう園を見学させていただきました。 聖籠町…の続きを読む

【学生レポート】学内認知症サポーター養成講座の開催を振り返って

2018年10月12日
趙ゼミでは、フィールド型アクティラーニング・プログラムの一環として2016年度より、毎月第一土曜日に認知症カフェ「寄り添いカフェ・しゃんしゃん」の活動を地域住民や福祉団体と連携を取りながら行っています。 今回は、より多くの学生たちに認…の続きを読む

図書愛好会ライブリオがBiblioBattle of the Year特別賞を受賞しました

2018年10月9日
敬和学園大学の図書愛好会「ライブリオ」が、新発田市立図書館利用者友の会さまとBiblioBattle of the Year特別賞を共同受賞しました。 ビブリオバトルは「ビブリオバトラー」と呼ばれる発表者たちがおもしろいと思う書籍の魅…の続きを読む
考えるだけでなく、実際に乗馬を体験!

【学生レポート】粟島でのゼミ合宿で地域活性化を考える

2018年9月23日
敬和学園大学でソーシャルビジネス(社会起業)を学ぶ趙晤衍教授のゼミ合宿が、粟島浦村にて実施されました。 敬和学園大学は粟島浦村と連携協力協定を結んでおり、趙ゼミでは、共同でアマドコロのアイスクリームを開発するなど、「アクティブラーニング」…の続きを読む
メールを送る

このサイトについて | 個人情報について | ソーシャルメディア・ポリシー | 採用情報 | 教職員ポータル