教育プログラム

アクティブラーニングの実践(一覧)

グラフ
カフェの経営や小中学校の授業活動への参加、フリーペーパー・ラジオ番組の制作など、大学内での学びを地域・世界を舞台とした社会活動の中で実践してくことで、将来、職場や地域社会で仕事をしていく上で必要となる、広い視野を持って観察し、考え抜き、チームで働く力を養います。

実家に戻れない学生に投票を呼びかける「不在者投票ボランティア」を行いました

2019年7月12日
7月21日の参議院議員選挙について、住民票を動かしておらず、実家の選挙区内で投票できない下宿生を対象に、不在者投票宣誓・請求書類の作成を手伝うボランティアを学生たちが行いました。 ボランティアの学生たちは、不在者投票宣誓・請求書類の作…の続きを読む

好きな本を紹介!学生と地域が協力し、ビブリオバトルを開催しました

2019年6月30日
敬和学園大学の図書愛好会ライブリオが、新発田駅前複合施設「イクネスしばた」でビブリオバトルを行いました。 敬和学園大学では、本好きの学生が集まり、学生グループ「敬和図書愛好会ライブリオ」として図書館内外で活動しています。 …の続きを読む

「地域学」でホテル摩周さまを見学しました

2019年6月21日
敬和学園大学には「地域学」という授業があり、地元の自治体や会社のトップの方からお話を伺える機会が用意されています。 今回の授業では、地元新発田市の月岡温泉にあるホテル摩周さまを見学させていただきました。 月岡温泉は硫黄含有量全国2位…の続きを読む

新潟日報社「地ラボニイガタ」研究員に国際文化学科3年生の長島瞭太郎さんが採用されました

2019年6月7日
新潟日報社が2017年度よりスタートした「地ラボニイガタ」キャンペーン。大学と地域のコラボレーション活動を、紙面を通じて紹介していく取り組みです。キャンペーンでは、自由応募のもと選抜された県内大学の学生たちが「研究員」として、実際に新潟県の…の続きを読む

敬和学園大学の学生が世界大学生中国語コンテスト新潟予選大会にて入賞しました

2019年5月26日
敬和学園大学の学生が、第18回「漢語橋杯」世界大学生中国語コンテスト新潟予選大会および中国駐新潟総領事館「朱鷺杯」中国語スピーチコンクールにて入賞しました。 この大会には、新潟県ほか、宮城県、山形県、福島県から24名が出場しました。 …の続きを読む

「地域学」で東北電力(株)東新潟火力発電所さまを見学しました

2019年5月24日
敬和学園大学には「地域学」という授業があり、地元の自治体や会社のトップの方からお話を伺える機会が用意されています。 今回の授業では、地域のライフラインを支える企業の1つ、東北電力(株)東新潟火力発電所さまを見学させていただきました。東…の続きを読む

社会福祉士養成課程の学生を対象とした介護技術講座を行いました

2019年5月22日
今年も、社会福祉士養成課程3年生を対象とした「介護技術講座」を実施しました。 講師としてお呼びしたのは卒業生である丸山明良さんで、現在、社会福祉法人苗場福祉会のアーバンリビング鳥屋野に勤務していらっしゃいます。丸山さんは、社会福祉士資格に…の続きを読む

酒育セミナー ~日本酒づくりを通じて、日本文化と地域を理解~

2019年5月8日
敬和学園大学では、地元企業である菊水酒造さまの全面的なご協力をいただき、日本酒づくりや日本文化を学ぶ「酒育セミナー」を実施しています。 学生たちは、日本酒についての講義はもちろん、田植えからはじまる酒造りの現場や蔵の中での実習、そして…の続きを読む

「地域学」で、菊水酒造さまの酒造りを見学しました

2019年4月26日
敬和学園大学には「地域学」という授業があり、地元の自治体や企業のトップの方からお話を伺える機会が用意されています。 今回の授業では、地元の菊水酒造さまにお邪魔して、酒造りの工程を見学させていただきました。 本学が立地する新潟県新…の続きを読む
書店から本を受け取る川崎さん(写真左)

【学生レポート】サンタ・プロジェクト・しばた ~試練が導いてくれた私の生き方~

2019年4月5日
サンタ・プロジェクト・しばたはクリスマスの時期に病院で過ごす子どもたちへ本を贈る取り組みです。 このプロジェクトは、敬和学園大学の山﨑由紀先生のアメリカでの経験をもとに、本学と地域の書店、病院が協力し、2008年にスタートしました。 在…の続きを読む
学生、教員、地域の皆さまと

【学生レポート】よりそいカフェ しゃんしゃん(認知症カフェ)について

2019年3月22日
よりそいカフェ しゃんしゃんは共生社会学科趙晤衍先生のゼミ生が主体となって開催している認知症カフェです。 新発田駅前の空き店舗を利用した「まちカフェ・りんく」で、定期的に開催してきました。 その立ち上げ、開催の実務に関わってきた横山美紀…の続きを読む
二人の指導に当たられた一戸信哉教授と

新潟県自作映像・視聴覚教材コンクールの最優秀賞を山川沙羅さん、優秀賞を鳥海楓さんが受賞しました

2019年3月14日
新潟県立生涯学習推進センターによる「平成30年度新潟県自作映像・視聴覚教材コンクール」の社会教育・地域映像部門で、敬和学園大学人文学部国際文化学科4年生の山川沙羅さん、国際文化学科2年生の長島瞭太郎さんが最優秀賞、国際文化学科4年生の鳥海楓…の続きを読む
私の見つけたサードプレイス、中之島

【学生レポート】私にとってのサードプレイス「中之島」~イナカレッジに参加して~

2019年1月10日
若者たちが期間を定めたチームの一員となり、その地域で暮らしながら、地域の課題解決を目指すプロジェクト「にいがたイナカレッジ」に、敬和学園大学の学生が参加しました。この活動は、本学の単位としても認定しているものです。 長岡市中之島にて、…の続きを読む

病院で過ごす子どもたちに本をプレゼント「サンタ・プロジェクト」のご報告

2018年12月25日
善意の市民の皆さまから、クリスマスの時期に病院で過ごす子どもたちに本のプレゼントを贈っていただく「サンタ・プロジェクト」が今年も行われました。 敬和学園大学からは、サンタ・プロジェクトしばたに学生サークル「俺たちのバイブル」「Art st…の続きを読む

敬和学園大学の学生が、キャロリングを行いました

2018年12月21日
敬和学園大学の学生がキリストの生誕を讃美歌を歌い、告げ知らせるキャロリングを今年も開催しました。 エクステンション科目の「キリスト教音楽」を受講する学生が中心となって、新発田市内の富塚・のぞみの里さま、新潟県立新発田病院さま、新発田教会さ…の続きを読む

サンタ・プロジェクトの学生がエフエムしばたさまの番組に出演しました

2018年12月10日
「サンタ・プロジェクト」の学生たちが、エフエムしばたさまの番組「しばた調査隊」に出演させていただきました。 サンタ・プロジェクトは、クリスマスを病院ですごす子どもたちに、本のプレゼントをお届けするものです(詳細はこちら)。 …の続きを読む

【アクティブラーニング紹介14】粟島プロジェクト

2018年12月10日
【アクティブラーニング紹介14】粟島プロジェクト 共生社会学科の趙ゼミでは、ソーシャルビジネスの学びの実践として「粟島プロジェクト」に取り組んでいます。ソーシャルビジネスとは、地域社会のさまざまな課題をビジネスの手法で解決を目…の続きを読む

クリスマスをテーマにしたキッズ英語教室「英語であそぼう」を開催しました

2018年12月8日
敬和学園大学と聖籠町週末体験クラブがコラボし、キッズ英語教室「英語であそぼう」を開催しました。 この活動は、敬和学園大学で児童英語教育プログラム・ディプロマ取得を目指す学生たちのインターンシップの一つで、外山節子先生の授業での学びを、聖籠…の続きを読む
未だ復興活動が続き、不安の残る現場の風景

敬和学園大学の学生が、西日本豪雨災害の復興ボランティア活動に参加しました(12月)

2018年12月7日
敬和学園大学の学生10名が西日本豪雨災害の復興ボランティアとして、12月1日から7日まで、岡山県倉敷市での現地活動に従事しました。 今回の活動は、学生HOPE(学生ボランティアコーディネーター)のメンバーが、日程調整、交通手段の確保、受け…の続きを読む

「地域学」で小柳産業さまを見学しました

2018年11月30日
敬和学園大学には「地域学」という授業があり、学生たちには、地元の自治体や会社のトップの方からお話を伺える機会が用意されています。 今回の授業では、地域の資源循環と環境保全をすすめる企業の1つ、小柳産業さまを見学させていただきました。小…の続きを読む
メールを送る

このサイトについて | 個人情報について | ソーシャルメディア・ポリシー | 採用情報 | 教職員ポータル