教育プログラム

リベラルアーツの実践(一覧)

グラフ
文化、文学、歴史、教育、心理、法律、政治、経済、経営、情報メディア、福祉、宗教、思想など、幅広い分野の授業を開講しており、学生一人ひとりのニーズに合わせて、柔軟に選択できるカリキュラムを用意しています。幅広い学びから、視野をひろげ、教養を深め、時代や体制に流されない価値観を持った人を育てます。

20170924英検対策講座2

中学・高校生向け英検対策講座を開催しました

2017年9月24日
中学・高校生向け「英検2級・準2級対策英語集中講座」を開催しました。 この講座では、英検2級・準2級(一次・二次)の出題傾向や問題の解き方を解説し、英検の合格のみならず、オールラウンドな英語力をつけることを目指しています。 今回…の続きを読む
2017.2.24学長ブログ

第2回入学前スクーリング「大学生活の目標とは」を開催しました

2017年2月18日
2017年4月入学予定者を対象とした第2回入学前スクーリング「大学生活の目標とは」を開催しました。 このスクーリングは、入学予定者がスムーズに大学生活に入るために、大学での学び方や過ごし方について、教職員や先輩学生と一緒に学ぶものです。 …の続きを読む

共生社会学科「フィールド・トレーニング、相談援助実習報告会」を開催しました

2017年2月11日
共生社会学科の学生たちが集まり、フィールド・トレーニングおよび相談援助実習の報告会を開催しました。 共生社会学科には、社会起業やコミュニティビジネスを担う人材を育成するライフデザイン・コースと、社会福祉士を目指すソーシャルワーク・コー…の続きを読む

4年間の学びを伝える「教職課程報告会」を開催しました

2017年1月24日
教職課程報告会を開催しました。 これは教職課程の学びを終えた4年生たちが、その活動を振り返り、お互いの経験と反省を後輩たちと共有するものです。今年は英語文化コミュニケーション学科6名、国際文化学科4名の学生が教職課程の学びを振り返りました…の続きを読む

【授業紹介8】キリスト教学(担当:下田尾治郎)

2016年12月10日
聖書を通して、自らと世界を深く見つめます この授業においては、キリスト教の聖典である聖書を読み進めながら、その世界観、人間観に触れていきます。キリスト教は、歴史を通じて文化や文明の基礎を形作り、現在も世界において最も信仰されて…の続きを読む

【学生レポート】デュシェンヌ型筋ジストロフィーと共に

2016年11月11日
2015年11月12日(木)「障害者福祉論2」の授業において、「デュシェンヌ型筋ジストロフィー」の当事者の学生である塩澤康介さんが、自己の障害を多くの人々に理解してもらいたいという思いを込めて行った語りを文章化し、ここにご紹介します。 …の続きを読む

【授業紹介7】国際人権論(担当:藤本晃嗣)

2016年8月10日
社会のあり方を見直すための視野を提供 「国際人権」とは、国際社会で共通の人権基準を作成し、それを地球上のどこであっても同じように保障しようとする人類の英知の結晶の一つです。従って、日本の人権も他国と同様に国際人権の観点から見つ…の続きを読む
20160720教育実習反省会

教育実習反省会を開催しました

2016年7月19日
毎年、恒例となっている教育実習反省会を開催しました。 これは教育実習を終えた4年生たちがその活動を振り返り、その経験と反省を後輩たちに伝えるものです。 4年生の学生たちは教育実習中に生徒たちとどう接したか、各自の…の続きを読む
「フォト・ウォーク」では仲間と地域の魅力を探ります

【授業紹介6】「地域学入門」(担当: 山田耕太)

2016年4月1日
地域社会で活躍する人材育成を目指した実践型授業 「地域学入門」は、「地域経営プログラム」の導入科目であり、一年生全員が地元新発田市、聖籠町等の地域社会を理解し、地域社会で活躍する人材育成を目指した、地域社会でのアクティブラーニ…の続きを読む
笠原さんの卒業論文発表

英語文化コミュニケーション学科の卒業論文発表会を開催しました

2016年2月2日
敬和学園大学では、1年生から4年生まで続く演習(ゼミ)の集大成として、学生と教員がマンツーマンで卒業論文に取り組みます。 毎年行われる卒業論文発表会には、教員のみならず後輩学生も参加し、研究の成果を共有しています。 …の続きを読む
「基礎ゼミ体験」で文章の書き方を学びました

第1回入学前スクーリング「大学は面白いところ」を開催しました

2015年12月19日
2016年4月入学予定者を対象とした第1回入学前スクーリング「大学は面白いところ」を開催しました。 このスクーリングは、入学予定者がスムーズに大学生活に入るために、大学での学び方や過ごし方について、教職員や先輩学生と一緒に学ぶものです。 …の続きを読む
【共生とケア演習】粟島住民との交流

【授業紹介5】共生とケア演習(担当: 趙晤衍)

2015年12月10日
多様化する現代社会の課題を地域福祉の視点で考える この演習では、地域福祉という視点を軸にまちづくりや地域活性化への理解を深めています。 福祉のイメージと言えば、障がいや高齢、児童といった分野をすぐ思い浮かべる人が多いのではないし…の続きを読む
藤野豊先生からの報告「日本はなぜ侵略戦争を反省できないのか」

創立25周年シンポジウムにて、戦後70年を振り返りました

2015年10月17日
敬和学園大学の創立25周年を記念して「戦後70年!今あらためて「歴史認識」を問う」と題したシンポジウムを開催しました。 会場いっぱいの230名もの方々からご参加いただくことができ、歴史や平和、現代日本のあり方に対する関心の高さが伺えました…の続きを読む
節五郎蔵

地域と連携して実践する「地域学入門」がはじまりました

2015年10月3日
敬和学園大学では、地域と密着した学びとして「地域経営プログラム」を用意しています。 このプログラムでは、企業経営やコミュニティー形成のために必要となる理論を地域の現状と共に学び、地域社会の中で実践する経験を通じて、地域の未来を支える社…の続きを読む
準2級講座を担当した、上野恵美子教授

中学・高校生向けの英検対策講座を開催しました

2015年9月19日
中学・高校生向けの「英検2級・準2級対策英語集中講座」を開催しました。 この講座では、英検2級・準2級(一次・二次)の出題傾向や問題の解き方を解説し、英検の合格のみならず、オールラウンドな英語力をつけることを目指しています。 …の続きを読む

【授業紹介4】スポーツ実習(担当:松浦進二)

2015年8月10日
元オリンピック選手が直接指導する実践的授業 「スポーツ実習」では、さまざまな身体運動やスポーツ種目の実践を通して、基礎体力の充実や行動力の養成、コミュニケーションの形成をはかると共に、大学卒業後も楽しんでいけるよう、スポーツを…の続きを読む
「地域学」学生たちの発表

「地域学」履修者による発表会を開催しました

2015年7月24日
敬和学園大学では、新発田市長や地元企業の社長を講師にお招きし、授業科目「地域学」を開講しています。 この授業では、毎回講師の方々の経営哲学や実践方法などを講義としてうかがい、続いて翌週に講師の方の仕事場を訪問する実体験を通して、現実の…の続きを読む
教育実習反省会

教育実習反省会を開催しました

2015年7月21日
教育実習反省会を開催しました。 これは教育実習を終えた4年生たちがその活動を振り返り、その経験と反省を後輩たちに伝えるものです。 4年生の学生たちは、教育実習中に子どもたちとどう接したか、各自の研究授業や学級…の続きを読む
講演「思ったらやる~私がパレスチナに向かうわけ~」高橋美香氏

パレスチナ問題を考える「ボランティア論・学習セミナー」を開催しました

2015年7月1日
敬和学園大学では、授業科目「ボランティア論」と「基礎演習」の合同授業として、毎年、さまざまな立場で活躍するゲストを招いて「ボランティア論・学習セミナー」を開催しています。 今年は、イスラエルとパレスチナを訪れて取材を続けているフォト・…の続きを読む
チャペル・アッセンブリ・アワーでの発表

【学生レポート】ベトナム戦争から考えた国際関係(C.A.H.にて)

2015年6月25日
敬和学園大学では、人間形成の場として、毎週金曜日に「チャペル・アッセンブリ・アワー(C.A.H.)」の時間を設けています。 2015年6月12日のC.A.H.では、今年入学した英語文化コミュニケーション学科1年のチャン・ティ・フォンさん(…の続きを読む
メールを送る

このサイトについて | 個人情報について | ソーシャルメディア・ポリシー | 採用情報