キャンパスライフ

キャンパスライフ

敬和学園大学では、学生一人ひとりの個性や状況に合わせて活躍できる場を用意しています。
大学での学びや活動を通じて、学生たちが成長していく様子をお伝えします。
20210217国際ロータリー2560地区米山記念奨学委員長との対談(房先生)3

米山記念奨学委員長が来学し房先生と対談されました

2021年2月17日
国際ロータリー2560地区米山記念奨学会の吉村鳳一委員長が来学され、本学教授 房文慧との対談を行いました。 米山記念奨学金とは、日本で勉学に励む外国人留学生に対し、全国のロータリアンからの寄付金を財源にして奨学金を支給する民間の財団で…の続きを読む

2020年 敬和学園大学の10大ニュース、キャンパス日誌ランキング!

2020年12月28日
敬和学園大学の情報発信を担当している広報入試課です。 学生の皆さんの取り組みや学内のイベントを追いかけて、今年も1年が経とうとしています。 取材をもとに作成した記事を大学ホームページの「キャンパス日誌」で紹介していますが、2020年…の続きを読む

コロナ禍で困窮する学生たちにオレンジ会からご支援をいただきました

2020年12月23日
年末年始を前に、コロナ禍で経済的に困窮する学生たちにオレンジ会からご支援をいただきました。オレンジ会は普段から敬和学園大学を支えてくださっている地域組織(会長: 髙澤大介菊水酒造社長)で、今回は緊急的に特別な予算での支援を決定してくださいま…の続きを読む

【チャレンジ学生63】未来を支える教育を学んでいます

2020年12月10日
未来を支える教育を学んでいます 私の故郷はアメリカで、今は敬和学園大学の学生寮で暮らしています。寮生活では、困ったことがあれば、同じ学年同士だけでなく後輩や先輩も助けてくれます。「私は一人ではない、一人でがんばらなくてもいい」…の続きを読む
消火器による消火の際は、床を掃くように粉を撒きます

大学内での火災発生を想定した避難・防火訓練を実施しました

2020年9月11日
敬和学園大学で、学内での火災発生を想定した避難・防火訓練を実施しました。 今回は、これらの訓練に加え、車いす等を利用する学生などを避難させるための「階段搬送支援器具」の操作についての実地訓練も行われました。 今回の訓練では、図書館か…の続きを読む

【チャレンジ学生62】世界を知り、自分を知った留学体験

2020年8月10日
世界を知り、自分を知った留学体験 私は敬和学園大学の掲示板でノースウェスタン大学の存在を知り、ACLPのプログラムに参加しました。 ノースウェスタン大学では、アメリカの歴史や文化、コミュニケーション、国際理解を学びました。ま…の続きを読む

ハレハワイイさまよりマスクのご寄付をいただきました

2020年6月26日
新発田市でフラダンス衣装などの製造を行われているハレハワイイさまより、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、不織布マスク1,000枚のご寄付をいただきました。 ご寄付いただきましたマスクにつきましては、実習に参加する学…の続きを読む

【学生インタビュー】自分の知らないところまで見てもらえる安心感

2020年6月5日
敬和学園大学は少人数なので、先生や職員の皆さんが私たち学生一人ひとりのことをよく見てくれています。 先生方は、学生の個性や特性をしっかりと把握してくれているので、自分に合ったコースやさまざまな活動を勧めてくれます。職員の皆さんは、授業や学…の続きを読む

【学生インタビュー】地域×学生による商品開発で私の福祉のフィールドが広がりました

2020年6月5日
粟島浦村でアマドコロという植物を使ったアイスクリームの商品開発を行いました。「ビジネス」と「福祉」は、地域の人たちの問題を解決するという意味で根っこは同じだということに気づき、一気にフィールドが広がりました。 (共生社会学科3年 鎌田舞) …の続きを読む

【学生インタビュー】大学でのチャレンジのすべてが、「コミュニケーション」につながりました

2020年6月5日
消極的だった私が、敬和の学びを通じて何ごとにも積極的に取り組めるようになりました。教職課程、英語、異文化交流、映像制作、ラジオのMC、どの学びも「コミュニケーション」という一つのテーマでつながっています。 (英語文化コミュニケーション学科4…の続きを読む

【学生インタビュー】好きなことを好きなように学べる、リベラルアーツから学んだ価値観

2020年6月5日
映像制作を学び実践するうちに、知識だけではなく人間性が大切だと分かりました。周囲の友達は将来目指す方向がそれぞれ違いますが、そのおかげで逆に自分自身の視野が広がり、互いに高め合うことができています。 (国際文化学科4年 髙橋築) …の続きを読む

新型コロナウイルス感染と心の連帯、私たち一人ひとりに求められていること

2020年5月21日
新型コロナウイルス禍にある、敬和学園大学に連なる皆さんに 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、これまであった人と人との直接のコミュニケーションを遠ざけることが求められています。このため、多くの皆さんがストレスを抱えながら日々を過ご…の続きを読む
箱詰めが終わったその足で、まずは学生寮にお届けしました

一人暮らしの学生へ新発田市からのプレゼント!!「しばた Tomorrow Box」贈呈式

2020年5月15日
新型コロナウイルスの感染予防や遠隔授業など、慣れない生活を余儀なくされている、新発田市で一人暮らしをする学生たちを励ますために、新発田市と地域の多くの協力企業・団体の皆さま(下部記載)が、「しばたTomorrow Box」224箱を、敬和学…の続きを読む
同設備を学内の各カウンターに順次設置予定

安全に大学で過ごせるように「新型コロナウイルス対策」すすめています!

2020年4月27日
現在、新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大防止のために、国を挙げた対策が講じられています。 敬和学園大学においても、遠隔授業の実施をはじめ、学生・教職員の安全確保と学内外への感染防止、そして学生への教育サービスの提供を優先して大…の続きを読む
20200413笹団子配布2

山田学長から新入生に笹団子の差し入れがありました

2020年4月13日
毎年開催している、桜の木の下で楽しむ「お花見ランチ」が新型コロナウイルス感染拡大防止のため、今年は中止になりました。 「お花見ランチ」では山田学長から笹団子の差し入れが恒例となっているのですが、今年は入学式や新入生オリエンテーションなどの…の続きを読む

にいがた災害ボランティアネットワークさまよりマスクなどのご寄付をいただきました

2020年4月6日
池田しのぶ助教が理事を務めるにいがた災害ボランティアネットワークさまより、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、不織布マスク2,000枚、ガーゼマスク280枚、消毒スプレー缶240本のご寄付をいただきました。 ご寄付い…の続きを読む

さようなら、外山節子先生 ~新鮮であり続けた子どもたちへのまなざし~

2020年3月31日
客員教授の外山節子先生が2019年度をもって、敬和学園大学を退職されました。 外山先生は2003年度から17年間、「児童英語教育概論」「児童英語教育実践:歌とチャンツ」「児童英語教育実践:絵本とストーリーテリング」「児…の続きを読む

さようなら、佐藤渉先生 ~先生が時間をかけて残してくれた良きもの~

2020年3月31日
佐藤渉教授がこの春をもって敬和学園大学を退職されました。 1991年の開学年度から29年間にわたって、フランス語、フランス文学・文化を教授され、本学のためにご尽力くださいました。 本学では1995年度よりフランス語、…の続きを読む
20200319卒業式6

卒業生の皆さんおめでとう!第26回卒業式を挙行しました

2020年3月19日
第26回卒業式が敬和学園大学体育館で行われました。 今年度の卒業式は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、会場を大学に変更し、時間の短縮や出席者の制限、マスクの着用など安全性を高めた上で実施しました。 会場には、晴れ着を着た卒業生とご…の続きを読む
加油武漢!(がんばれ、武漢!)

加油武漢!(がんばれ、武漢!)学生たちが中国に支援物資を送りました

2020年1月31日
新型コロナウイルスによる肺炎の流行で、中国湖北省武漢市への支援の動きが広がっています。 「人々の生命にかかわる危機に陥っている時なのだから、温情を持って早期の支援が必要ではないか」 授業が終わった教室に学生たちが集まり、現地へマスク…の続きを読む
メールを送る

このサイトについて | 個人情報について | ソーシャルメディア・ポリシー | 採用情報 | 教職員ポータル