アニメ産業

コンテンツが社会に与える影響について考える

アニメ・ゲームといったエンターテインメントコンテンツは、今や日本のイメージを形作る存在です。それらのコンテンツは、インターネットを含めたさまざまなメディアで私たちを楽しませ、相互理解を助ける役割をも果たしています。近年では作品の舞台を訪れ、世界観を味わうコンテンツツーリズムにも注目が集まっています。

この学問と社会とのつながり

日本のアニメ・ゲームなどは海外でも人気が高く、産業規模は拡大を続け人々のコミュニケーションにも役立っています。このようなコンテンツの創出方法やそのあり方は、あらゆるビジネスに応用できるものです。

study31

この学問分野を担当する教員

松本 淳(まつもと あつし)

・所属: 人文学部 国際文化学科
・職名: 准教授
教員プロフィールはこちら

高校向け出前講義

「コンテンツと地域の関係を築く」

アニメや映画などの舞台を巡るいわゆる「聖地巡礼」をきっかけとして、コンテンツと地域の関係に注目が集まっています。この講義では両者がどのような関係にあり、互いに利益を生むにはどうすればよいのかをケーススタディを通じて学びます。

●必要となる機器:プロジェクター、スクリーン

「プロデュースとプロジェクトマネジメント」

コンテンツや事業を企画、実現し、そこから何らかの成果を得る一連の過程を「プロデュース」や「プロジェクトマネジメント」のツールや手法を通じて学びます。

●必要となる機器:プロジェクター、スクリーン

「出前講義」の申し込み・お問い合わせ

敬和学園大学 広報入試課 新潟県新発田市富塚1270(957-8585)
Tel:0120-26-3637 Fax:0254-26-3996

>> 出前講義のお申込みはこちら


お申込み後、講師のスケジュール等を調整し、ご連絡をさせていただきます。
出前講義は、新潟県内の高等学校を対象としております。ご希望に応じて、敬和学園大学の教室を利用しての講義も可能です。

ページトップ

メールを送る

ページトップ

このサイトについて | 個人情報について | ソーシャルメディア・ポリシー | 採用情報 | 教職員ポータル