社会福祉

人間としてどう生きるのかを学ぶ

日本は超高齢社会を迎え、地域共生社会の実現に向けた総合的かつ包括的な政策・地域づくりが求められています。困りごとや生きづらさを抱えている子どもから障がいのある方、お年寄りや家族、地域とつながり、他者に気づかう心をもって寄り添う支援、共生の道を模索していく学びが社会福祉です。

この学問と社会とのつながり

だれもが安心して暮らせるまちづくりが求められています。全世代の地域住人が対象です。人と共に生きる場で起こるさまざま生活課題に対して、その緩和・解決にむけた援助が福祉の実践です。困っている人の力になれるように「共生」を一緒に考え、実践力を身につけていきましょう。

study28

この学問分野を担当する教員

山﨑 ハコネ(やまざき はこね)

・所属: 人文学部 共生社会学科
・職名: 准教授
教員プロフィールはこちら

高校向け出前講義

「広がる子ども食堂」

今、子ども食堂が注目を集めています。その背景に「孤食」や「貧困」の問題があり、その問題に気づいた地域住民たちの手で、「無料または安価で食事を提供する」場、「地域の交流」の場として子ども食堂が広がっています。安くて、栄養のあるおいしい食事がどの食堂でも提供できるためにどんなことが必要か、一緒に考えてみませんか。

●必要となる機器:プロジェクター、スクリーン、 DVDプレーヤー

「子どももお年寄りも障がい者も一緒」

だれもが暮らせるまちづくりが求められています。その全世代型地域包括ケアにいち早く取り組んだ「富山方式」に学びながら、これからの共生型サービスのあり方について、考えましょう。

●必要となる機器:プロジェクター、スクリーン、 DVDプレーヤー

「出前講義」の申し込み・お問い合わせ

敬和学園大学 広報入試課 新潟県新発田市富塚1270(957-8585)
Tel:0120-26-3637 Fax:0254-26-3996

>> 出前講義のお申込みはこちら


お申込み後、講師のスケジュール等を調整し、ご連絡をさせていただきます。
出前講義は、新潟県内の高等学校を対象としております。ご希望に応じて、敬和学園大学の教室を利用しての講義も可能です。

ページトップ

メールを送る

ページトップ

このサイトについて | 個人情報について | ソーシャルメディア・ポリシー | 採用情報 | 教職員ポータル