ヨーロッパ近現代史

歴史を学ぶことは、今を生きる立ち位置を知ること

ヨーロッパ近現代史の中で、近代ドイツ軍事史を研究しています。歴史を学ぶことは、今を生きる私たちの立ち位置を知ることであり、現代の視点から過去と対話をすることでもあります。近代ドイツの歴史を例にとり、軍事的価値観に私たちが徐々に縛られていく様子を学びます。

この学問と社会とのつながり

昔、アメリカの軍艦の日本寄港に反対する抗議デモの行列があちこちで見られました。ところが最近では、同じアメリカ軍艦の艦内見学会に並ぶ行列が見られます。こんな現代的現象を比較考察するのも、私がいう軍事史の重要なテーマなのです。一般にイメージされる軍事史とはずいぶん違うでしょう。

study3

この学問分野を担当する教員

丸畠 宏太(まるはた ひろと)

・所属: 人文学部 国際文化学科
・職名: 学科長・教授
教員プロフィールはこちら

高校向け出前講義

「ユダヤ人迫害に見る人種差別の歴史」

ユダヤ人とドイツといえば、すぐに思い出されるのはヒトラー時代にドイツでユダヤ人が迫害・虐殺されたことでしょう。しかしながらユダヤ人にたいする敵対感情は、決してドイツに限られるものではありません。ユダヤ人にたいする蔑視は、宗教的理由や民族的理由だけでは説明できないのです。「ユダヤ人問題」を通じて、差別や偏見の歴史的構造を勉強しましょう。

●必要となる機器:なし

「日常の中の軍隊」

韓国には今も徴兵制があり、軍隊に行かない男子は一人前とは見なされない風潮があるのを知っていますか。 戦闘を題材にしたアニメやゲームを面白い、かっこいいと思うことはありませんか。迷彩色の服って軍服に由来するって知っていますか。ここでは近代ドイツの歴史を例にとり、軍事的価値観に私たちが徐々に縛られていく様子を学んでみましょう。

●必要となる機器:なし

「出前講義」の申し込み・お問い合わせ

敬和学園大学 広報入試課 新潟県新発田市富塚1270(957-8585)
Tel:0120-26-3637 Fax:0254-26-3996

>> 出前講義のお申込みはこちら


お申込み後、講師のスケジュール等を調整し、ご連絡をさせていただきます。
出前講義は、新潟県内の高等学校を対象としております。ご希望に応じて、敬和学園大学の教室を利用しての講義も可能です。

ページトップ

メールを送る

ページトップ

このサイトについて | 個人情報について | ソーシャルメディア・ポリシー | 採用情報 | 教職員ポータル