藤野 豊(ふじの ゆたか)

fujinob

職名

教授 (人文学部 国際文化学科)

主な担当科目

歴史学、日本史概説、日本近現代史、日本と世界の現代史、日本思想史、近代日本史料論、日本文化論、歴史学演習

こんな授業をしています

覚えるのではなく、考える授業、聴くのではなく、参加する授業を心がけております。

▶ 連絡先: y-fujino@keiwa-c.ac.jp
出前講義の内容はこちら

略歴

1978年 早稲田大学大学院文学研究科日本史専攻博士前期課程 修了(文学修士)
1984年 早稲田大学大学院文学研究科日本史専攻博士後期課程 退学
1991年 早稲田大学 学位取得(文学博士)
2011年より 敬和学園大学

研究分野・主な研究業績

研究分野
日本ファシズム、戦後民主主義、部落問題、買売春問題、ハンセン病問題

主な著書・研究業績
単著のみ記載
  • 『孤高のハンセン病医師-小笠原登「日記」を読む』六花出版、2016年。
  • 『戦後日本の人身売買』大月書店、2013年。
  • 『戦争とハンセン病』 吉川弘文館、2010年。
  • 『ハンセン病 反省なき国家』 かもがわ出版、2008年。
  • 『忘れられた地域史を歩く』 大月書店、2006年。
  • 『ハンセン病と戦後民主主義』 岩波書店、2006年。
  • 『厚生省の誕生-医療はファシズムをいかに推進したか-』 かもがわ出版、2003年。
  • 『性の国家管理-買売春の近現代史-』 不二出版、2001年。
  • 『被差別部落ゼロ?-近代富山の部落問題』 桂書房、2001年。
  • 『「いのち」の近代史-「民族浄化」の名のもとに迫害されたハンセン病患者-』 かもがわ出版、2001年。
  • 『強制された健康-日本ファシズム下の生命と身体-』 吉川弘文館、2000年。
  • 『日本ファシズムと優生思想』 かもがわ出版、1998年。
  • 『それぞれの選択』 かもがわ出版、1997年。
  • 『日本ファシズムと医療-ハンセン病をめぐる実証的研究-』 岩波書店、1993年。
  • 『水平運動の社会思想史的研究』 雄山閣出版社、1989年(博士論文)。
  • 『同和政策の歴史』 解放出版社、1984年。

 その他の主要研究著作はこちら(pdf形式、263KB)
主な所属学会
民衆史研究会

詳細な「研究者情報(ReaD)」はこちら(外部リンク)

地域での活動

2017年から現在 新発田市人権まちづくり審議会会長

ページトップ

メールを送る

ページトップ

このサイトについて | 個人情報について | ソーシャルメディア・ポリシー | 採用情報 | 教職員ポータル