松浦 進二(まつうら しんじ)

職名

特任准教授 (人文学部)・バドミントン部監督

主な担当科目

スポーツ実習

こんな授業をしています

多くの競技スポーツでは、厳しいトレーニングにより技術や体力を向上させることだけでなく、「他者への気遣い」「礼儀」「言葉遣い」が重視されています。このような経験と訓練は、選手の人格の形成や自己実現につながり、社会に出た後も生かされています。

▶ 連絡先: matsuura@keiwa-c.ac.jp
▶ 出前講義の内容はこちら

略歴

1986年 法政大学社会学部社会学科 卒業(社会学士)
1995-1997年 ナショナルチーム男子監督
1996年 アトランタ・オリンピック男子監督
2001-2004年 ナショナルチーム男子監督
2009年より 敬和学園大学バドミントン部監督
2012年より 敬和学園大学教員

研究分野・主な研究業績

研究分野

バドミントン競技

主な著書・研究業績

全日本総合バドミントン選手権 ダブルス優勝(1983年、1985-1991年)
全日本総合バドミントン選手権 シングルス優勝(1986年、1988年、1990年)
バルセロナオリンピック バドミントンダブルス5位入賞(1992年)

主な所属学会

地域での活動

2011年12月 とらい夢主催 「バドミントン技術指導、実践指導」 (村上市立神納東小学校)
2011年12月 新潟県バドミントン協会主催 「全国中大会、全日本中学生大会に向けて練習会・講習会」 (中学生強化選手)
2011年12月 新潟県バドミントン協会主催 「東日本大震災復興支援チャリティーイベント バドミントン技術指導、実践指導」 (敬和学園大学)
2011年12月 新潟県バドミントン協会主催 「中学生バドミントン技術講習会における指導」 (新潟市立坂井輪中学校他3校)
2011年10月 京都府バドミントン協会主催 「もっと元気な京都ジュニア「夢・未来」スポーツ体験事業」 (京都府立乙訓高等学校)

ページトップ

メールを送る

ページトップ

このサイトについて | 個人情報について | ソーシャルメディア・ポリシー | 採用情報 | 教職員ポータル