大学案内

学科の教育目的とポリシー

建学の精神および教育理念・目的に基づき、3学科の教育目的を次のとおり定めます。

国際文化学科
英語文化コミュニケーション学科
共生社会学科

国際文化学科

人類の歴史、文化、社会および情報メディアの専門教育を通して、グローバル化する社会の諸問題を認識し問題に対応できる国際感覚と知性を涵養し、社会において他者を尊重しながら協働できる人を育てます。

国際文化学科の3ポリシー

<ディプロマ・ポリシー(学位授与方針)>
1. 人類の歴史、文化、社会および情報メディアに関する基礎的な教養と基本的な外国語運用能力を身につけている。(基礎知識)
2. コースに応じた専門知識を活用し、論理的思考力に基づいて問題を発見し、解決する能力を身につけている。(専門知識、論理的思考、批判的思考)
3. 他者の考えを適切に理解し、自らの意見を論理的に述べ、建設的な議論を行うことができるコミュニケーション能力を身につけている。(コミュニケーション能力)
4. 異なる考えや意見を受け入れる力を身につけ、国際社会や地域社会において他者を尊重し協働することができる。(社会との関係)

<カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成・実施方針)>
1. 共通専門科目と初年次後期に開講される専門分野への導入科目(国際文化入門、入門演習)を統合的に学修することにより、国際感覚を備えた教養を培う。(基礎知識)
2. 歴史、多文化、国際社会、情報メディアのそれぞれの専門コースにおいて2年次から4年次まで一貫する専門演習等を活用して少人数教育を徹底し、独自の関心に応じた研究テーマに取り組み、調査能力、論理的・批判的思考力を育成する。また、専門コースの講義科目の学修ならびに、他コース、あるいは他学科の関連科目を履修することで、多角的に自らの専門性を考察する力を養う。(専門知識、論理的思考、批判的思考)
3. 1年次の入門演習、2年次から4年次までの専門演習科目を中心にレポート作成、プレゼンテーションとディスカッション、ディベートの習熟度を高め、コミュニケーション能力の育成を図る。また、情報メディアに関する教育を通して、社会に対する情報発信力を高める。(コミュニケーション能力)
4. インターンシップ、フィールド型アクティブラーニング、留学などさまざまな学内外の教育活動により、主体性、協調性やリーダーシップを強化し、他者を尊重しながら協働する力を養う。(社会との関係)

<アドミッション・ポリシー(学生の受け入れ方針)>
・求める学生像
1. 日本と世界の文化、歴史、地理、経済、経営、法律、情報など幅広く学び、グローバルな視点に立って地域社会に貢献したいと考えている人。
2. 貧困、戦争、人権など、国際社会の諸問題の根源を知り、現状をより良い方向に変えたいと考えている人。
3. 中学社会科、高校公民科・地歴科教員として教壇に立ち、生徒たちと共に学ぶことに意欲をもつ人。
4. 起業家精神をもち、ビジネスを通して地域と世界をより良くしたいと考えている人。

・高校までの学習・体験において推奨されること/入学までに身につけてきてほしいこと
1. 世代や性別、国籍にとらわれないコミュニケーション力を身につけていること。
2. 高校までの国語、社会、英語の基礎学力を身につけていること。
3. 新聞や本を読む習慣を身につけていること。
4. さまざまなことに対する好奇心を持っていること。
5. ボランティアや部活動を積極的に経験していること。

英語文化コミュニケーション学科

グローバル化する世界や地域社会の状況を理解し、実践的な英語力をもって社会に貢献すると共に、他者に対して開かれた人を育てます。

英語文化コミュニケーション学科の3ポリシー

<ディプロマ・ポリシー(学位授与方針)>
1. 人文学に関する幅広い教養と知への探求心および英語を運用する能力を身につけている。(基礎知識)
2. コースに応じて英語教育、現代の国際社会とコミュニケーション、あるいは英語圏の文学・文化に関する専門知識を有し、論理的かつ批判的に考え、時代に流されない価値観で判断することができる。(専門知識、論理的思考、批判的思考)
3. 人権を尊重し、多様な文化に対する複眼的な視野をもち、日本語および英語によるコミュニケーション能力を身につけている。(コミュニケーション能力)
4. 他者に仕える理念のもと、国際社会ならびに地域のために貢献できる。(社会との関係)

<カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成・実施方針)>
1. 共通基礎科目および入門演習で幅広い教養と大学での学びに必要なスキルを身につけ、英語コア科目(KEEPおよび英語Communication Skills)、英文法の授業で英語の4技能を集中的に伸ばす。検定試験対策の授業においては、客観的基準で評価できる英語コミュニケーション能力を高める。(基礎知識)
2. 英語教育の理論と実践、国際社会で通用する高度な英語、英語圏の歴史や言語、文学・文化、思想を専門科目で学び、レポート執筆を通して自分の言葉で発信できるようにする。演習等でのレポートや発表を通して論理的に思考を展開させることや批判的に考える力を養成する。(専門知識、論理的思考、批判的思考)
3. 日本を含めた多様な文化や社会を理解し、人間と言語に対する知識を深める。アクティブラーニングやピアラーニングにより、他者と協働する機会を設ける。(コミュニケーション能力)
4. 留学やインターンシップ、フィールド型アクティブラーニングにより、主体性、協調性、チームで働く力およびリーダーシップや問題解決能力を養う。(社会との関係)

<アドミッション・ポリシー(学生の受け入れ方針)>
・求める学生像
1. 英語を学び、世界のさまざまな文化を知り、自分の文化への関心を深めたいと考えている人。
2. 英語を使い、世界の人々と交流し、共に学びあいたいと考えている人。
3. ことばとコミュニケーションに関心をもち、国際的視野を広げ、世界および地域に貢献する人間として成長したいと考えている人。
4. 英語教育に貢献し、生徒に世界を示すことをめざす人。

・高校までの学習・体験において推奨されること/入学までに身につけてきてほしいこと
1. 英語の基礎学力を身につけていること。
2. ボランティアや部活動など、人と関わる経験を通してコミュニケーション力を身につけていること。
3. 社会で起きていることに関心を持ち、考える力を身につけていること。

共生社会学科

地域共生社会の実現を推進し、新たな福祉ニーズに対応するために、専門知識、コミュニケーション能力、高い倫理基準を備えた、実践力を有する人を育てます。

共生社会学科の3ポリシー

<ディプロマ・ポリシー(学位授与方針)>
1. 自己と他者を尊重し、社会と人間への深い理解と広い視野を身につけている。(基礎知識)
2. コースに応じて社会福祉やソーシャルビジネスの専門知識と技術を学び、地域社会の様々な分野でのヒューマン・サービスを実践的に行うことができる。(専門知識、論理的思考、批判的思考)
3. 福祉マインド、ソーシャルワークのスキルを身につけ、共感的理解を持ったコミュニケーション能力を身につけている。(コミュニケーション能力)
4. 地域社会の課題を深く理解し、共生社会の実現を創造的に担う力を身につけている。(社会との関係)

<カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成・実施方針)>
1. 自己と他者を尊重し、初年次から、社会と人間への深い理解と広い視野を学ぶための教育を行い、4年間をとおして「リベラルアーツと福祉」や「福祉の思想」について学ぶ教育を行う。少人数制教育の中で個別支援を大切にした教育を行う。(基礎知識)
2. 社会福祉の理論と実践を学び、生活課題をかかえる地域や人々を支援する専門職として、社会福祉士国家試験受験資格の取得を目指す力を身につける教育を行う。また、社会的企業(社会起業)、福祉ビジネス、一般企業など幅広い領域にも通用するソーシャルビジネスの理論と実践を学び、ヒューマン・サービスを実践できる力を育む。(専門知識、論理的思考、批判的思考)
3. 演習などで「自己理解・他者理解」「コミュニケーション技法」などを学ぶ中で、福祉マインドを身につけ、共感的理解を持ったコミュニケーション能力を身につける。(コミュニケーション能力)
4. すべての学生が、「相談援助実習」「フィールド・トレーニング」などをとおして、実習の経験を持てる教育を行う。また、演習を中心に、フィールド型アクティブラーニングを積極的に取り入れ、地域社会の課題発見とその課題解決に向けた具体的な取り組みを個別やグループで考え、実践に移す手段を身につけ、地域共生社会を創造的に担う力を育む。(社会との関係)

<アドミッション・ポリシー(学生の受け入れ方針)>
・求める学生像
1. 真理と自由を探求しようとする意欲があり、人の役に立ちたいと考えている人。
2. 社会福祉に興味があり、社会福祉の理論や実践をしっかりと学びたいと思っている人
3. さまざまな生活課題をかかえる人を対象とし、福祉の専門職として、課題解決に向けて、人々の生活を支援していきたい人。
4. 社会福祉法人や福祉系企業、NPOの経営に関心がある人。
5. 社会起業や福祉ビジネスの領域において、創造的な事業を開発しようとする人。

・高校までの学習・体験において推奨されること/入学までに身につけてきてほしいこと
1. 聴く、話す、書くなどのコミュニケーションのスキルを身につけていること。
2. 高校までに学んだ基礎学力を身につけていること。
3. 福祉・自然環境などさまざまな分野でのボランティア活動を積極的に経験していること。

ページトップ

メールを送る

ページトップ

このサイトについて | 個人情報について | ソーシャルメディア・ポリシー | 採用情報 | 教職員ポータル