更新履歴

2016.9.23学長ブログ

太田俊雄のユニークな教育思想(6)

2017年9月22日
コオロギの鳴き声がしきりにさえわたる秋の夜となりました。 前回までは、太田俊雄のキリスト教教育思想として、ブッシュネルやミラーの「キリスト教養育論」と小原國芳の「全人教育論」などがあり、それらは「岡山黌」の教育を通して、岡山藩の陽明学の「…の続きを読む

「愛顔つなぐえひめ国体」アーチェリー競技に本学学生が出場します

2017年9月20日
9月30日より始まります「第72回国民体育大会 愛顔つなぐえひめ国体」アーチェリー競技(成年男子)に、本学の中村太一さん(国際文化学科2年)、小田英慶さん(国際文化学科2年)、田形洸稀さん(国際文化学科1年)が出場します。 出場学…の続きを読む
2017.9.15学長ブログ

太田俊雄のユニークな教育思想(5)

2017年9月15日
大学の周辺の田んぼでは、一面にコシヒカリの黄金色の稲穂が垂れて、刈り入れを待っています。 前回は太田俊雄に決定的な影響を与えた英語教師の柴田俊太郎が学校を去った後に、藤井豁爾校長と出会ったことを述べました。また、藤井校長の教育実践とその背…の続きを読む
2017.9.8学長ブログ

太田俊雄のユニークな教育思想(4)

2017年9月8日
大学近くの聖籠町の果樹園では、夏の日差しを受けてぶどうが豊かな実を結んでいます。 前回は太田俊雄が尊敬する英語教師だった柴田俊太郎との出会いと柴田から「三俊」と呼ばれて「石屋の子」という劣等感を克服したこと、また「三俊」の本間俊平と柴田俊…の続きを読む
男子ダブルス準優勝の小川さん・柴田さんペア

西日本学生バドミントン選手権で小川・柴田ペア(敬和学園大学)が準優勝!

2017年9月3日
敬和学園大学のバドミントン部 小川桂汰(国際文化学科2年)・柴田一樹(国際文化学科1年)ペアが、第57回西日本学生バドミントン選手権大会(男子ダブルス)にて準優勝しました。 <大会について> 大会名:第57回西日本学生バドミ…の続きを読む

太田俊雄のユニークな教育思想(3)

2017年9月1日
夏空にうろこ雲やほうき雲が出始めてきました。久しぶりに夜空を仰いでみました。天頂には白鳥座・わし座・こと座の夏の大三角形が美しく輝いていました。 前回は太田俊雄が英語教師時代に出会った小原國芳・羽仁もと子・河井道の教育思想と実践を紹…の続きを読む

バドミントン部が西日本学生バドミントン選手権大会で3位に入賞しました

2017年8月30日
敬和学園大学バドミントン部が第57回西日本学生バドミントン選手権大会において、男子団体戦で3位に入賞しました。 準々決勝で関西の強豪同志社大学に3-2で勝利し、創部以来初の団体戦ベスト4となりました。 <大会について…の続きを読む

秋のオープンカレッジのご案内(9月29日、10月13日、10月28日)

2017年8月28日
秋のオープンカレッジは、次のとおりです。 それぞれのオープンカレッジについての詳細は、下記のリンク先をご覧ください。 「ルター巡礼」9月29日(金)19時00から20時30分 「宗教改革の精神」10月13日(金)19時…の続きを読む

太田俊雄のユニークな教育思想(2)

2017年8月25日
朝夕は多少涼しくなり、トンボが飛び交うころとなりました。前回は太田俊雄のユニークな教育実践の背景にある思想として、アメリカのノースセントラル大学と福音神学校で学び、日本聖書神学校で教えた「キリスト教養育論」「無意図的教育論」を中心に紹介しま…の続きを読む

太田俊雄のユニークな教育思想(1)

2017年8月18日
鈴虫の鳴き声が夜空に冴えわたるころとなりました。今年は法人・高校創立50周年の年です。9月30日には、新潟市で記念式典が行われます。そこで、学校法人敬和学園の教育の土台を据えた太田俊雄初代校長の生い立ちとその教育思想の形成を私なりに跡づけて…の続きを読む

夏のご報告

2017年8月11日
台風一過の夜空に美しい満月が輝きました。前期も学生たちがさまざまな分野で活躍しました。バトミントンの活躍は地元のテレビや新聞で取り上げられ、アーチェリーも国体選手を出し、中国語スピーチコンテストで優秀賞を得て奨学費を与えられ、中国の大学に留…の続きを読む

広報誌「敬和カレッジレポート」第88号を発行しました

2017年8月10日
敬和学園大学 広報誌「敬和カレッジレポート」第88号 Close up「ボランティアする大学」共生社会学科 池田しのぶ 学びと出会いが詰まった大学生活がスタート 自発性、社会性、無償性を体験する「ゼミ・ボランティア」 バドミントン部…の続きを読む

【チャレンジ学生55】地域と共に成長している実感

2017年8月10日
地域と共に成長している実感 私は、去年の夏休みに、新潟県の田舎を舞台にさまざまなことにチャレンジする、イナカレッジというインターンシップに参加しました。私は、割烹での「地元農家とつくる新しい料亭の味プロジェクト」に参加しました…の続きを読む

【卒業生リレー・エッセイ40】~アナウンサーとして活躍する高井瑛子さん~

2017年8月10日
先生方の支えで夢のアナウンサーに 「見てちょっ!」このフレーズ、分かりますか?私が担当しているテレビ番組『まるどりっ!』(UX毎週土曜日9時30分~)の「旅してちょうない。」で使っているフレーズです。2013年3月に敬和学園大学を…の続きを読む

敬和学園大学 事務職員(総務課会計係、広報入試課)公募要項

2017年8月9日
敬和学園大学では、総務課会計係、広報入試課の事務職員(任期付専任職員)を公募しております。公募要項につきましては、下記をご覧ください。 1. 職種 大学事務職員(任期付専任職員) 2. 募集人数 2名 3. 採…の続きを読む

夏期特別休業のお知らせ(資料請求等)

2017年8月5日
8月11日(金・祝)から8月16日(水)まで、校舎を閉鎖させていただきます。休業中は、事務局の電話対応・図書館の利用・キャンパス見学・本学からの資料発送等すべての業務を行っておりません。ご理解、ご協力をお願い申し上げます。 資…の続きを読む

新発田市・聖籠町議員協議会の研修会が開催されました

2017年8月4日
先週25日火曜の朝から梅雨明けを告げるかのようにセミが鳴き始めました。27日木曜には、新発田市・聖籠町の40人近い議員と議長の方々が来学され、新発田市・聖籠町議員協議会の研修会が開催されました。「敬和学園大学の設立経緯と教育について」の拙い…の続きを読む
2017.7.28学長ブログ

前期の授業が終わります

2017年7月28日
関東甲信地方では既に梅雨が明けましたが、新潟県はそろそろ梅雨が明け宣言が出されそうです。梅雨の晴れ間には、五頭連峰や飯豊連峰の「青い山脈」の上に巨大な入道雲が立ち上がっています。 今週で講義や演習の授業が終わり、学生たちはレポート書き…の続きを読む
メールを送る

このサイトについて | 個人情報について | ソーシャルメディア・ポリシー | 採用情報