木を育てるように(2代目学長 新井明)

2005年5月20日号[2005-05-20]

青山学院大学は久しぶりであった。ある会合に出るために訪れたのだが、半時間ほどあったので、構内を歩いてみた。さまざまのことを思い出す。日本英文学会で、生涯初めて研究発表を行なったのも、ここだった。40年以上も前のことだ。十七世紀英文学研究会の会場も、この一角をかりていたことがあった。アイビーホール青学会館では、むかし二組か三組の結婚式を司式している。中沢洽樹氏と共同で、横文字の、ある一連の資料を探索したとき、それを発見し、過去の誤謬を訂正することができたのも、中央に位置する間島記念館のおかげであった。澤山保羅の『日本教会費自給論』(1883年初版本)を見たのも、こちらの資料センターにおいてであった。
今回出席したのは、第49回キリスト教学校教育同盟関東地区協議会総会というものであった。このほうは後半を中座して、新潟へ帰った。新発田で夜の別の会合があった。(新井 明)

ページトップ

メールを送る

このサイトについて | 個人情報について | ソーシャルメディア・ポリシー | 採用情報 | 教職員ポータル