情報メディア研究所ブログ

オープンキャンパスで「フリーアナウンサーと語る『情報メディア』」開催[2020-07-06]

2020年7月11日開催の敬和学園大学オープンキャンパスに、情報メディア研究所/国際文化学科の一戸信哉教授と情報メディア研究所客員研究員/本学非常勤講師の松井弘恵が登壇します。

フリーアナウンサーと語る「情報メディア」 - 2020年代の敬和はどう変わるのか -

オープンキャンパス(2020年7月11日) – 敬和学園大学 新潟県新発田市にあるリベラルアーツ大学

フリーアナウンサーと語る「情報メディア」 – 2020年代の敬和はどう変わるのか – – YouTube (YouTube Liveで配信予定)。

2020年度のオープンキャンパスは、Web型と対面型を両方実施していますが、一戸・松井対談は午前中10時15分からWebでの配信を予定しています。高校生向けの内容ですが、一般の方でも視聴いただけます。


フリーアナウンサーと語る「情報メディア」

– 2020年代の敬和はどう変わるのか –

【概要】
2019年度にスタートした国際文化学科情報メディアコース。今年度は、フリーアナウンサー松井弘恵先生が担当する「アナウンス・ナレーション実習」など、多様な科目がスタートし、いよいよ新潟の学生のための情報メディア教育の姿が見えてきました。変化するメディア環境の中で、発信力を発揮する新潟人は、どうやったら育つのか。
今回は新潟でフリーアナウンサーとして仕事を続けてきた松井先生と、国際文化学科の一戸が対談し、松井先生がこれまで切り開いてきたキャリア、一戸が構想してきた情報メディアコースの内容、敬和のリベラルアーツの中で学ぶ意義など、たっぷり語ります。

【予定するトピック】
松井弘恵と敬和教育
FM PORTが閉局、これからの新潟のメディアはどうなるか?
音声コンテンツは「オワコン」なのか
敬和の情報メディアコースのこれから
リベラルアーツと情報メディア
地域理解と映像制作
2020年代の敬和はどう変わるのか

【松井弘恵プロフィール】

松井弘恵
フリーアナウンサー。1996年からFM Kento、BSN新潟放送、FM PORTでラジオ番組を担当。2020年度から敬和学園大学にて「アナウンス・ナレーション実習」を担当。

主な担当番組】

BSN新潟放送 2002年~2004年 松井弘恵のばななサンデー(新潟駅内のスタジオから毎週日曜日生放送)
FM PORT 2002年~2012年  パライソオムレット(2002年10月~2010年10月)

2020年7月5日からBSNラジオにて、「たかまろ・ひろえ痛快楽笑ラジオ」(毎週日曜日午後5時-)がスタート。

ページトップ

メールを送る

このサイトについて | 個人情報について | ソーシャルメディア・ポリシー | 採用情報 | 教職員ポータル