神を敬い、人に仕える(4代目学長 山田耕太)

梅雨の豪雨の後で[2020-07-17]

「五月雨をあつめて早し最上川」芭蕉は「奥の細道」の旅で、旧暦6月(新暦7月)の梅雨の雨で河川が急流となる句を詠みました。今年も線状降水帯の停滞により梅雨の雨が豪雨となり、各地の河川が氾濫し、大きな被害となっています。被災地の復興をお祈りいたします。

芭蕉は「奥の細道」の旅で出雲崎では夏の日本海を前にして「荒海や佐渡に横たふ天の川」という壮大な句を詠みました。毎週木曜日の夜7時から「プレバト」というTV番組が放映されています。俳句の添削で有名な夏井いつき先生が今年12月6日に新発田に来られる機会に「しばた・みらい座」の肥田野由美会長が来学されました。本学の学生たちにも俳句を作る豊かな生活を送ってほしいという願いで「投句箱」を事務室のカウンター横に置いて行かれました。年4回句を集めに来られ、優秀作品をFMしばたでも取り上げてくださるそうです。

2020.7.17学長ブログ

事務室に投句箱を設置して、学生からの投句を募集しています

 

本学のチャペル・アッセンブリ・アワーで現在は毎週、北島万紀子作詞・大中恩(めぐみ)作曲の校歌を歌っています。作曲者の大中恩先生は、童謡「さっちゃん」や千曲を越える美しい合唱曲の作曲者として有名です。高校校歌、「敬和讃歌」、大学校歌も作曲し、本学園とは長いおつきあいがありましたが、一昨年12月にご逝去されました。奥さまからハガキをいただき、7月25日土曜午前5時40分からNHK総合TVで、7月31日金曜午後1時50分からNHKEテレで10分間『NHK映像ファイルあの人に会いたい「大中恩」』が放映されるご案内がありました。(山田 耕太)

ページトップ

メールを送る

このサイトについて | 個人情報について | ソーシャルメディア・ポリシー | 採用情報 | 教職員ポータル