神を敬い、人に仕える(4代目学長 山田耕太)

9月に入りました[2020-09-04]

夕暮れが美しい時になりました。新発田・聖籠は海が近いので一年中違った夕暮れが楽しめます。田んぼの向こうの遠い森影に太陽が沈んでいく夏空の夕暮れも美しいです。

先週25日火曜には、今年3月に本学を退職された佐藤渉先生に学長室で名誉教授号を授与しました。佐藤先生は本学開学以来29年間にわたり、フランス語・フランス文学を中心にお教えいただきました。長年のご労を心から感謝いたします。

2020.9.4学長ブログ

長年にわたりご尽力くださった佐藤渉先生に名誉教授号を授与しました

 

同じ25日に『日本キリスト教歴史人名辞典』が32年ぶりに大幅に改訂増補して教文館から出版されました。このたびは小項目でしたが、私も本学園の創立者の太田俊雄の項目を執筆しました。

29日土曜に今年88歳となった山田火砂子監督の最新作映画、若村真由美主演『一粒の麦 荻野吟子の生涯』の上映会に行ってきました。山田火砂子監督の映画はかつて本学でも上映したことがあります。私は今までに松平健主演『石井のおとうさんありがとう:岡山孤児院 石井十次の生涯』、常盤貴子主演『筆子その愛 天使のピアノ』(石井亮一の生涯と滝野川学園)、村上弘明主演『大地の歌』(富岡幸助の生涯と北海道家庭学校)を見てきました。今回も前作品群に勝るとも劣らない力作で、日本初の女医となった荻野吟子の生涯を現代によみがえらせています。この勢いで廃娼運動を始めた矯風会の創立者矢島楫子(かじこ)の生涯も次作で描いてほしいと願います。(山田 耕太)

ページトップ

メールを送る

このサイトについて | 個人情報について | ソーシャルメディア・ポリシー | 採用情報 | 教職員ポータル