図書館

図書館だより

敬和学園大学 図書館では、1997年11月から図書館広報誌「図書館だより」を発行しています。
敬和学園大学の学生・教職員のみならず、地元地域のみなさまと本学図書館とを結ぶ広報誌となれるよう紙面づくりを行っています。発行は、年2回の予定です。
rp_ff75645416f6c79f590aa3ff4c0368a3.jpg

敬和学園大学 図書館だより(2013年1月号)

2013年1月16日
学生に推薦したい本(教授 大澤 秀夫) 『余は如何にして基督信徒となりし乎』 内村鑑三著、岩波文庫、1958年。 研究室を訪ねてきた人が帰り際に、本棚を見て行くことがある。何だか自分の頭の中を覗かれるような気持…の続きを読む

敬和学園大学 図書館だより(2012年1月号)

2012年1月1日
学生に推薦したい本(英語文化コミュニケーション学科教授 中村 義実) 『Hank Ketcham's Complete Dennis the Menace(Vol.1-6)』 Hank Ketcham、Fantagraphic…の続きを読む

敬和学園大学 図書館だより(2012年1月号)

2012年1月1日
学生に推薦したい本(国際文化学科教授 丸畠 宏太) 『危うし!小学校英語』 鳥飼玖美子著、文春新書、2006年。 みなさんのなかにも、英語が自由自在に話せたらと願う人は多いであろう。でも、なかなか思うように…の続きを読む

敬和学園大学 図書館だより(2012年1月号)

2012年1月1日
学生に推薦したい本(客員教授 外山 節子) 『ダメな英語活動・よい英語活動』 渋谷徹著、明治図書、2010年。 2011年4月から小学校外国語活動が、5学年と6学年で、年間35時間正式に実施されるようになりまし…の続きを読む

敬和学園大学 図書館だより(2012年1月号)

2012年1月1日
「英語教育を考える」 2011年4月からの小学校高学年での外国語活動の導入を受けて、日本の英語教育とコミュニケーションについて考える本を本学の3人の教員が紹介いたします。現職の小学校教諭によって書かれた、子ども達に英語を一生懸命聞いて推…の続きを読む

敬和学園大学 図書館だより(2011年3月号)

2011年3月1日
学生に推薦したい本 (学長 鈴木佳秀) 『古代ユダヤ教(上・中・下)』 マックス・ヴェーバー著・内田芳明訳、岩波文庫、1996年。 ここで取り上げる本は、学生諸君に推薦したい本という主題からははずれるかもしれませ…の続きを読む

敬和学園大学 図書館だより(2010年8月号)

2010年8月1日
学生に推薦したい本 (英語文化コミュニケーション学科准教授 山崎由紀) 『読むことの力』 ロバート・キャンベル 編、講談社、2004年。 一年生の基礎演習で学び始めた頃から、皆さんは大学時代にたくさんの本と出会っ…の続きを読む

敬和学園大学 図書館だより(2010年3月号)

2010年3月1日
学生に推薦すいせんしたい本 (英語文化コミュニケーション学科 教授 川又かわまた 正之まさゆき) 『外国語がいこくご学習がくしゅうの科学かがく―第2だいに言語げんご習得しゅうとく理論りろんとは何か』 白井恭弘しらいやすひろ著、岩波…の続きを読む

敬和学園大学 図書館だより(2009年3月号)

2009年3月1日
学生に推薦したい本 (共生社会学科准教授 趙晤衍) 『がんばらない』 鎌田實 著、集英社、2000年。 今回、私から紹介したいのは新聞やテレビなどで数多く取り上げられている鎌田實というお医者さんの著書です。私がこ…の続きを読む
rp_200809.jpg

敬和学園大学 図書館だより(2008年9月号)

2008年9月1日
学生に推薦したい本 (共生社会学科准教授  青山良子) 『死ぬ瞬間』 エリザベス・キューブラー・ロス著  川口正吉訳 読売新聞社 「なぜ、『死』について考える本を推薦するのか?」 青春まっただなかの学生の皆さん…の続きを読む
rp_200708.jpg

敬和学園大学 図書館だより(2007年8月号)

2007年8月1日
学生に推薦したい本 (国際文化学科 藤本 晃嗣) 『知っていますか?日本の難民問題一問一答』 アムネスティ・インターナショナル日本編、解放出版社、2004年。 私が国際社会に初めて目を向ける機会をもったのは、中学…の続きを読む

敬和学園大学 図書館だより(2006年8月号)

2006年8月1日
良寛コレクション (英語文化コミュニケーション学科長・図書館長 北嶋藤郷) 白蓮精舎の会を 出でて自り 騰々兀々として 此の身を送る 一枝の烏藤 長く相随い 七斤の布衫 破れて烟の若し 幽窓雨を聴く 草庵の夜 大道毬を打…の続きを読む
rp_200601-1.jpg

敬和学園大学 図書館だより(2006年1月号)

2006年1月1日
寄贈図書について (学長 新井 明) もう半世紀ちかくも昔のことだが、わたしが米国へ留学に立つことが決まったときに、恩師・福原麟太郎先生のお宅にお別れのご挨拶にうかがった。東京の野方(のがた)というところの、当時はまだ田舎風の静けさを保つ…の続きを読む
rp_200512-1.jpg

敬和学園大学 図書館だより(2005年12月号)

2005年12月1日
図書館のコンピュータ20台全数更新 ~印刷メディアと電子メディアの融合を目指して~ (図書館長 安藤司文) 図書館の20台のコンピュータを最新のものに更新した。今年8月はじめから学生が利用できるようになった。OS はWINDOWS XP…の続きを読む

敬和学園大学 図書館だより(2003年12月号)

2003年12月1日
敬和学園大学 図書館だより(2003年12月号) 「鶴岡のクリスマス」 学長 新井 明 「ブリューゲルの一枚の絵」 英語英米文学科長 北嶋 藤郷 「頭 < 感覚」 英語英文学科3年 近 可奈子 「新刊案内」 前学長 北垣 宗治 「…の続きを読む

敬和学園大学 図書館だより(2003年7月号)

2003年7月1日
敬和学園大学 図書館だより(2003年12月号) 「怠惰な男の図書館利用法」 国際文化学科 富川 尚 「神経症について」 英語英米文学科3年 斎藤 綾子 「新着図書(国際関係)」 「事務室より」 図書館長 柴沼 晶子 2003…の続きを読む

敬和学園大学 図書館だより(2002年12月号)

2002年12月1日
敬和学園大学 図書館だより(2002年12月号) 「Random Reflections on Christmas」 英語英米文学科 杉村 使乃 「テスの2つのイメージ」 英語英米文学科4年 三富 香子 「新着図書(ドイツ・フラン…の続きを読む

敬和学園大学 図書館だより(2002年7月号)

2002年7月1日
敬和学園大学 図書館だより(2002年7月号) 「英語を使って議論の練習:「例外」を表すには」 英語英米文学科 五十嵐 海理 「新着図書(英米文学特集)」 「事務室より」  図書館長 柴沼 晶子 「夏期休暇期間のお知らせ(開館日)」…の続きを読む

敬和学園大学 図書館だより(2002年3月号)

2002年3月1日
敬和学園大学 図書館だより(2002年3月号) 「100 年前、50 年前の日本と中国・・・そして君たち」 国際文化学科教授 淺野 幸穂 「「中野文庫」に寄せて」 英語英米文学科長 北嶋 藤郷 「図書館報告」 「事務室より」 図書館…の続きを読む

敬和学園大学 図書館だより(2001年11月号)

2001年11月1日
敬和学園大学 図書館だより(2001年11月号) 「私の僅かな私なりの図書館歴」 国際文化学科教授 大海 宏 「神子と修験の宗教民俗学的研究」 国際文化学科教授 神田 より子 「図書館報告」 「事務室より」 図書館長 柴沼 晶子 …の続きを読む
メールを送る

このサイトについて | 個人情報について | ソーシャルメディア・ポリシー | 採用情報