生涯学習・地域貢献

御船町×keiwa HOPE「熊本地震から学んだこと」ミニ講演会のご案内(7月10日)

永本文宣 御船町観光協会会長

永本文宣 御船町観光協会会長


2016年4月14日と4月16日に熊本を襲った大地震から2年。御船町は、地震で甚大な被害を受けた益城町の隣に位置し、熊本県内でも被害が大きかった地域です。しかしながら、報道で取り上げられることはほとんどなく、”隠れた被災地”として、いまもなお、震災の爪痕が町中に残っています。
敬和学園大学では、熊本県御船町観光協会会長の永本文宣氏をお迎えし、熊本地震の際、現地でどのように復旧・復興が行われたのかをうかがい、私たちができることを一緒に考えます。
地域の皆さまもご自由にご参加していただくことができます。

主催: 敬和学園大学 Keiwa HOPE

日時

2018年7月10日 火曜日 11時00分~

演題・講師

「地震から学んだこと、いま、若者に伝えたいこと~「教訓を残さない災害はただの悲しい過去」にしないために~」
熊本県御船町観光協会会長 永本文宣 氏

参加費

無料

会場

敬和学園大学 アネックス
*会場までの交通アクセスについてはこちらをご覧ください。

お問合せ・お申込み

敬和学園大学 ボランティアセンター 新潟県新発田市富塚1270 (957-8585) 
Tel: 0254-26-3664  Mail: volunt@keiwa-c.ac.jp

ページトップ

メールを送る

このサイトについて | 個人情報について | ソーシャルメディア・ポリシー | 採用情報