学長室だより

コロナ禍の中での夏のご報告

2020年8月14日
ようやく長い梅雨が明け、セミしぐれの日々に変わりました。残暑お見舞い申し上げます。コロナ禍の中でさまざまな困難な課題に直面する中で、全く新しいことを経験する日々です。『敬和カレッジレポート』第95号(pdf形式、2.42MB)のデジタル版が…の続きを読む

長い梅雨が明けて

2020年8月7日
街中ではサルスベリの赤い花が咲き始めました。「百日紅」と漢字では書きますが、文字どおり長い間花が咲きます。気象庁は梅雨明け宣言を出しましたが、最後に新潟県下越地方でも激しい雨が降り、新発田市でも一時大雨警報と避難指示が出ました。新発田市の中…の続きを読む
2020.7.31学長ブログ

真理の光を求めて

2020年7月31日
先週は西の調整池ではシオカラトンボが水辺付近を飛んでいるのを見ました。尋真館の廊下にオニヤンマが迷い込み、女子学生たちが逃がそうとしていましが、窓を開けるとスーッと飛んでいきました。尋真館の前庭では、韓国の国花ムクゲの白い花と紫色の花が満開…の続きを読む

大自然の梅雨明け宣言

2020年7月24日
大学の駐輪場の近くの栗の木は、5月から6月にかけて黄緑色の細長い花をたくさん咲かせていましたが、今はもうすでに緑色の小さなイガに覆われた実を結んでいます。秋に向けて次第に大きな実となっていきます。先週からセミがキャンパスで鳴き始めました。気…の続きを読む

梅雨の豪雨の後で

2020年7月17日
「五月雨をあつめて早し最上川」芭蕉は「奥の細道」の旅で、旧暦6月(新暦7月)の梅雨の雨で河川が急流となる句を詠みました。今年も線状降水帯の停滞により梅雨の雨が豪雨となり、各地の河川が氾濫し、大きな被害となっています。被災地の復興をお祈りいた…の続きを読む

梅雨空の下で

2020年7月10日
ツバメが低く飛び交い、生まれたばかりのひなに口移しでエサを与えて子育てする姿を目の当たりにするころとなりました。しばしば庭先で咲いた花を学長室に差し入れてくれる学生から、この度はノウゼンカズラのオレンジ色の花をいただきました。 6月2…の続きを読む

Zoom会議が続きました

2020年7月3日
梅雨になってアジサイの花の色が深まってきました。新発田市の赤谷地区ではホタルが飛び交うころとなりました。 6月23日先週火曜の午後には、新発田市の新しい図書館の複合施設イクネスしばたで新発田市との連携協議会が開催されました。5年前に比…の続きを読む

来週から対面授業に戻ります

2020年6月26日
梅雨の晴れ間には、大学キャンパス上空の高い所でヒバリがさえずっています。近くのどこかにヒバリの巣があるのでしょう。時計台の真下では、今年もキンシバイの黄色い花が美しく咲いています。 先週の19日金曜のチャペル・アッセンブリ・アワーの終…の続きを読む

リンゴの木と桜の木

2020年6月19日
庭先では、ツユクサの紫色の花が咲きました。新潟県も梅雨入りして、雨の日が多くなってきました。5月中旬に白い花が咲いた本学のニュートンのりんごの木に、青いリンゴの実が実ってきました。この木は、ニュートンが万有引力の法則を発見した孫の木になりま…の続きを読む

地域循環型社会の重要性

2020年6月12日
遠くの山々の山頂付近を覆う大きな白い綿雲が、上昇気流によって入道雲に育ちはじめるころとなりました。今年は例年になく街中でカッコウが鳴いています。大学の周囲の水田では夜の帳が降りるころからカエルの合唱がにぎやかになります。 …の続きを読む
2020.6.5学長ブログ

対面授業がゆっくりと再開されました

2020年6月5日
大学の西の調整池では、佐渡島からいただいたカンゾウの花が見ごとに咲いています。初夏の暑さがやって来て、クールビズの季節に入りました。 今週から月・水・金曜の対面授業が始まりました。来週は火・木・土曜の対面授業が始まりま…の続きを読む

遠隔授業を対面授業に戻していきます

2020年5月29日
太陽が出ると夏のような暑さになり、青空には綿雲が出るようになりました。大学の東の調整池の周りでは、新発田の花であるアヤメが咲き始めました。6月に入ると日本四大あやめ園の一つである五十公野公園の300種類60万株のアヤメも次々と咲き始めること…の続きを読む

緊急事態宣言が解除されました

2020年5月22日
大学の進入路脇やキャパスの周囲では、水を張った田に苗が整然と植えられました。大学の玄関横のニュートンのりんごの木も花が咲いています。 大学の遠隔授業も2週間を過ぎて、3週間目に入りました。新潟県も先週14日木曜に緊急事態宣言が解除され…の続きを読む

人と人が会う喜び

2020年5月15日
今週の日曜は朝から街中でカッコウの鳴く声を聞きました。例年よりも数週間早いのではないかと思わされました。遠くの山々の雪も山頂付近を除くとほとんど溶けてしまいました。 先週から始めた遠隔授業は、順調に滑り出しました。チャペル・アッセンブ…の続きを読む
パワーポイント資料「リベラルアーツとは何か」

「リベラルアーツとは何か」(2020.5.15. C.A.H.)

2020年5月15日
敬和学園大学はリベラルアーツ教育を行う大学です。このリベラルアーツと大学教育について、新入生向けに、その起源から思想の変遷、現代社会における目的までを紐解き、解説したスライド資料を、音声つきで公開させていただきます。 …の続きを読む

「困難に立ち向かう覚悟」(2020.5.8. C.A.H.入学礼拝)

2020年5月8日
   「狭い門から入りなさい。滅びに通じる門は広く、その道も広々として、そこから入る者は多い。   しかし、命に通じる門はなんと狭く、その道も狭いことか。それを見いだす者は少ない。」(マタイ7:13)  「あなたがたを襲っ…の続きを読む

5月に入りました

2020年5月8日
街中ではハナミズキの木々が満開です。大学でも前庭に2本の赤いハナミズキが、学長室の西窓の下に白いハナミズキがそれぞれ満開です。新潟は春が短く、一気に初夏がやってきたような陽気となりました。 5月4日には、5月6日までの4週間、全国一斉…の続きを読む

遠隔授業の準備が整ってきました

2020年5月1日
庭先ではスミレの花が咲いています。街中ではツバメが低く飛び交い始めました。キャンパスではシダレ桜も八重桜も満開です。学生は緊急事態宣言が出ている5月6日まで自宅待機をしていますので、大学の桜を見る機会もなく、この春が静かに過ぎていこうとして…の続きを読む

緊急事態宣言が全国に拡大されて

2020年4月24日
街中では朝から野バトが鳴くころとなりました。天気がよいと今年はウグイスがしきりに鳴いています。大学の進入路横の田には水が入り、田植えの準備が始まりました。 新潟県の新型コロナウイルス感染状況は、比較的に安定しクラスター対策も有効に作用…の続きを読む

新型コロナウイルス対策に追われて

2020年4月17日
桜が満開になっても、花冷えの日が続き、少し長く持ちそうです。先月に新型コロナウイルス対策会議を何回か開きました。新潟県の感染状況は安定しているのですが、先週政府から緊急事態宣言が出され、新潟県知事も来県者に2週間の自宅待機を要請し、対策に追…の続きを読む
メールを送る

このサイトについて | 個人情報について | ソーシャルメディア・ポリシー | 採用情報 | 教職員ポータル