学長室だより

変わらないものと変わるもの

2017年3月17日
キャンパスの木々の雪囲いが外されて、木々は春らしい陽射しを浴びています。梅の木のつぼみが膨らみ、今にも花がほころびそうになってきました。 毎月第二土曜の朝は7時半から、1年前の開寮時以来、学生寮のコモンルームで新発田朝…の続きを読む

学内合同企業説明会が開催されました

2017年3月10日
3月の桃の節句を過ぎましたが、まだ肌寒い日が続いています。先週から朝な夕なに白鳥が鍵の手の列をなしてシベリアに向って旅立っていく姿を目にしました。   キリスト教の暦では、今年は3月1日の「灰の水曜日」(Ash Wednesday)から…の続きを読む

「新発田市遺跡出土品展」を見ました

2017年3月3日
春一番、春二番は北国では冬の嵐のように吹き荒れました。その後、春の日差しを浴びて街中の雪も消えていきました。 新発田市遺跡出土品展は今まで、毎年今ごろに新発田市歴史図書館(旧新発田市立図書館)坪川記念室で開催されていましたが、今年から…の続きを読む
2017.2.24学長ブログ

第二回入学前スクーリングが開催されました

2017年2月24日
雪が降る寒い日が訪れたと思えば、青空に太陽が出て春めいた日差しになり、三寒四温の日が続いています。 13日月曜には英語文化コミュニケーション学科の卒業論文の発表会がありました。また、15日水曜にはFD研修会があり、地域社会でアクティブ…の続きを読む
2017.2.17学長ブログ

「社会人力」を養う

2017年2月17日
立春を過ぎて、今年三度目の寒波が襲ってきています。新潟は以前の二度の大雪ほどではなく、春の足音が近づいています。 先週は学年末の試験週間でした。一方で学生は試験に追われ、その合間に1年生必修の「地域学入門」フォト・コンテストの授賞式が…の続きを読む

人間の教育としてのリベラルアーツ

2017年2月10日
立春が過ぎ、太陽が照ったり、雨が降ったりして、新発田市・聖籠町の道路脇の雪の壁は次第に低くなってきています。先週土曜に会議のため新潟市に出ましたが、雪が全くありませんでした。 先週で今年度の後期の授業が終わり、今週…の続きを読む

映画「沈黙-サイレンス-」を観ました

2017年2月3日
立春の前にもう一度ドカ雪が降り、街中の道路は数日で除雪されました。道路脇には雪の壁ができ、除雪した雪を雪捨て場に運ぶトラックが行き交っています。26年目で初めての光景です。 『沈黙』刊行50周年、遠藤周作没後20年の昨年に制作されたス…の続きを読む
2017.1.27学長ブログ

フォト・コンテストが行われました

2017年1月27日
大寒に入りました。その後、寒気が緩んで、大雪は多少とも解けましたが、再び寒波が来ています。立春が間近なことを感じさせる雪に変わりつつあります。 17日火曜に、14年間にわたって茶道部の指導をしてくださった相馬文子先生に感謝状と花束をお…の続きを読む

聞かれない祈りと聞かれる祈り(2017.1.20 C.A.H.)

2017年1月20日
聖書:第二コリント書12:1-10 今年は宗教改革500年の記念すべき年に当たります。ルターの宗教改革はパウロの精神を再発見することから始まりました。宗教改革500年と関連して、『パウロ』と題した入門書が昨年のクリスマスに岩波新書とし…の続きを読む
2017.1.20学長ブログ

センター試験が無事終わりました

2017年1月20日
先週の13日金曜から14日土曜にかけて、久しぶりの大雪となりました。新発田市内の私の家の辺りでも、積雪が二日間で合わせて1メートル近くに及びました。 13日に黒龍江省ハルビン市の中学2年生35人が引率の先生3人と旅行代理店の人と共に、…の続きを読む
2017.1.13学長ブログ

敬和学園創立50周年の年を迎えて

2017年1月13日
今年は1月5日から寒に入り、温暖な正月に寒波が押し寄せてきています。新島襄は真理を寒風に耐えて咲く梅の花に例えました。「真理は寒梅に似たり、敢えて風雪を侵して開く。」 1月6日はキリスト教の暦ではキリストが神の子として公に現された「公…の続きを読む
2017.1.6学長ブログ

「永遠のみどり」

2017年1月6日
新年おめでとうございます。平和な一年であるように祈ります。最近出版された原民喜の詩集から「永遠のみどり」を紹介します。原民喜は「水ヲ下サイ」で有名な原爆詩人の一人です。「原爆小景」の8つの詩で凄惨な原爆経験を描写した結びに原爆の焼け跡から「…の続きを読む

阿賀北ロマン賞の第二次審査会が開かれました

2016年12月30日
年末の慌ただしい時をお過ごしではないでしょうか。キリスト教の暦では12月25日のクリスマスと1月6日の公現日(エピファニー)の間の「十二夜」の「降誕節」に入っています。 12月26日月曜に、今年で第9回の阿賀北ロマン賞の第二次審査会が…の続きを読む

秋から冬のご報告

2016年12月23日
新発田の町中で雪が降り、この冬初めて雪かきをし、ホワイトクリスマスとなりました。 『敬和カレッジレポート』第86号(pdf形式、2.57MB)をお送りします。この秋から冬にかけても学生たちはさまざまな分野で活躍して、一段と成長してまい…の続きを読む

地域の諸大学とも連携して

2016年12月16日
冬の到来を告げる雷が激しく鳴り響き、霰が降り、みぞれが降り、平野で雪が降り始めました。 先週の6日火曜には、「高等教育コンソーシアムにいがた」の秋の理事会(すなわち学長会議)が新潟経営大学で開催されました。昨年は本学で開催されました。…の続きを読む

「心の内に輝く光」(2016.12.9 C.A.H.)

2016年12月9日
クリスマス音楽礼拝 「初めに言があった。言は神と共にあった。言は神であった。この言は初めに神と共にあった。万物は言によって成った。成ったもので言によらずに成ったものは何一つなかった。言の内に命があった。命は人間を照らす光であった。光は…の続きを読む

第一回入学前スクーリングが行われました

2016年12月9日
寒気も多少緩んで師走に入り、今年も残すところわずかになりました。掃き集める落ち葉も次第に少なくなってきました。後期の授業もほぼ半ばを過ぎ、一つのヤマを越えました。各科目とも知識の集積が次第に形を成してきて、今後のさらなる展開が見え始めてきま…の続きを読む
thumb

共に生きる社会を目指して

2016年12月2日
新発田阿賀北地区保護司会だより「ふれあい」第64号 敬和学園大学は、地元の皆さまのご理解、ご協力、ご支援を賜り、開学26年目を迎えていることを深く感謝いたします。この間に、約4千人の卒業生を社会に送り出しましたが、その約8割は新潟県で…の続きを読む
2016.12.2学長ブログ

地域社会とスクラムを組んで

2016年12月2日
遠くの飯豊連峰は純白の雪で覆われ、近くの山々も中腹まで雪が降り、間もなく平野に雪が降りてきます。キャンパスの木々は落葉し、ドウダンツツジとツゲの植込みの赤と緑の対照が鮮やかです。 21日月曜に「地域学入門」で、粟島浦村の本…の続きを読む

インマヌエル(神我らと共にいます)

2016年11月25日
クリスマスツリー点灯式 11月の最後の日曜日からクリスマス直前の日曜日までの4週間を「アドヴェント」と言います。「アドヴェント」とはラテン語 ”advenio”(やって来る)という動詞の名詞形で「クリスマスがやって来る…の続きを読む
メールを送る

このサイトについて | 個人情報について | ソーシャルメディア・ポリシー | 採用情報