木を育てるように(2代目学長 新井明)

2003年5月16日号[2003-05-16]

2003年度新入生オリエンテーションが新発田より北の北蒲原郡黒川村の胎内(たいない)パークホテルで催されました。一泊二日の研修でした。初日は宗教部長延原時行氏の開会礼拝、新潟県社会福祉協議会・渡辺豊氏によるボランティア実践のお話、クラス別集会などがあり、2日目には事務局長宇田川潔氏による朝礼拝、学生団体紹介などがありました。いずれも有意義な時間でした。最後はクラス対抗のスポーツ大会で、それは綱引き大会でした。全体が男女混成の12チームで、教員も一体になって応援に加わりました。どのチームも、力を出し尽くしました。勝ったチームでも、しばらく立ち上がれない若者が出るほどでした。この二日間を経て、教職員、学生が、みな和(なご)みあいました。それにしても、あの胎内の山と谷の景観は若者たちの心から去ることはないでしょう。村が実によく手を入れているのです。学長室に戻って、すぐに伊藤孝二郎黒川村長に御礼状をしたためました。(新井 明)

ページトップ

メールを送る

このサイトについて | 個人情報について | ソーシャルメディア・ポリシー | 採用情報