木を育てるように(2代目学長 新井明)

2005年12月22日号[2005-12-22]

12月14日の昼休みに留学生への奨学金贈呈式をおこなった。44名。オレンジ会会長の渡邊幸二郎様と市議会議長の小川弘様のあいさつ。モンゴルから来ている沙其拉図君の「留学生代表挨拶」は心を打った。
留学生たちの書き残したものがある。「先生がたは優しく、親切で、この大学に入学してよかったと思います。」「日中問題は悪くなって、非常に心配です。しかし、留学生を支える会から、今度のお知らせをいただき、冷たくなった私の心は、もう一度温められました。」 将来は母国と日本の間の 「架け橋」 になるように努力いたします。
留学生諸君よ、いまは苦しいこと、淋しいこと、いろいろあるだろう。しかし、国際間の溝を越える、明るい将来を信じて、頑張ろう!(新井 明)

ページトップ

メールを送る

このサイトについて | 個人情報について | ソーシャルメディア・ポリシー | 採用情報 | 教職員ポータル