木を育てるように(2代目学長 新井明)

2008年8月22日号[2008-08-22]

7月21日は、すごく暑い日であった。今年度, 第2回目のオープン・キャンパスの日であった。いちおう開会式というものをやる。学長の挨拶,各学科長の学科説明のあとで、教員数名による模擬授業。在学生によるフリートークの時間。奨学金、留学などの説明会。キャンパス・ツアー、その他。盛りたくさんのプログラムを参加者は自由選択で体験する。サークルの紹介もあり、スポーツの実演も何種類か。在学中の学生が要所々々で関わるので、学園の実際が楽しめる。ランチ(無料!)の時間の後でも、大学体験の時間は、さらに一時間ほど設けられている。保護者を加えて122名の皆さんが、それぞれに楽しんでくださった。チアリーダー部、手話サークルの実演、等々、灼熱の太陽の下での熱演は、見るほうも熱かった。14時50分から、長岡、燕三条、村上、中条、佐々木、新潟方面へのバスが、参加した高校生・ 保護者を載せて発っていった。 手を振って、見送った。このうち、なん人の若者との縁ができるものか。(新井 明)

ページトップ

メールを送る

このサイトについて | 個人情報について | ソーシャルメディア・ポリシー | 採用情報 | 教職員ポータル