誰かのために生きる(3代目学長 鈴木佳秀)

あなたが殺すはずはない。[2009-06-05]

禁止命令を、聖書ヘブライ語では「殺すな」「盗むな」「姦淫するな」という否定命令でなく、動詞の未完了形と否定辞で「あなたが殺すはずはない」「あなたが盗むはずはない」「あなたが姦淫するはずはない」の意に近い様式で表現する。古代メソポタミアの法典集のように三人称表現なら、立法者の権威で法として規定するものとなる。旧約聖書の十戒で、「あなたは」と呼びかけているのは、語り手と聞き手の関係を前提しつつ、語り手の意思とそれに対する聞き手の自由な応答にすべての重みが集約されているからである。
モーセの十戒の冒頭に、語り手である神の宣言がある。「わたしはあなたの神ヤハウェ、あなたをエジプトの地、奴隷の家から導き出したものである」(申命記5章6節〔私訳〕)との宣言は、続く十の戒めを総括し、導入する。出エジプトを実現した神の前にあって、奴隷状況から解放された「あなた」は、戒めをどう守って生きるのかが問われる。モーセが伝えたこの戒めを守ることは、神による救済の目的にそって、神と共に生きることであり、それが神の民イスラエルに求められたのである。神に応答しつつ生きることこそが、彼らイスラエルの信仰であった。(鈴木 佳秀)

ページトップ

メールを送る

このサイトについて | 個人情報について | ソーシャルメディア・ポリシー | 採用情報 | 教職員ポータル