ダビデの物語(3代目学長 鈴木佳秀)

ダビデの物語・ダビデ王位継承史その79[2013-10-18]

「彼らがギブオンの大石のところにさしかかったとき、アマサが彼らの前に現れた。ヨアブは武装して、さやに納めた剣を腰に帯びていたが、ヨアブが前に出ると、剣が抜けた。ヨアブはアマサに、『兄弟、無事か』と声をかけ、口づけしようと右手でアマサのひげをつかんだ。アマサはヨアブの手にある剣に気づかなかった。ヨアブは剣でアマサの下腹を突き刺した。はらわたが地に流れ出て、二度突くまでもなくアマサは死んだ。ヨアブと弟アビシャイはビクリの息子シェバの追跡を続けた。」(サムエル記下20章8節〜10節)
王の指示した期限内にアマサが戻れなかったことで、アビシャイに命令が下されたのです(6節)。アビシャイと共にヨアブは追討軍を率いたのですが、アマサが現れたとき、王の命令を彼が果たせなかったことを口実に、彼を殺害したのです。恩赦を受けたアマサの復帰を阻止しようとしたことが動機なのですが、自分の復権をかけてヨアブは彼を殺したと言えます。ヨアブが左利きであったことが分かるほど、叙事詩の記者は迫真的に状況を伝えています。
ダビデ王の周囲で血なまぐさい権力闘争が行われていたことを、隠すことなく叙事詩は伝えています。ダビデの甥であるヨアブは、同じような理由で、ライバルとなるアブネルを殺害し、サウルの家臣でダビデ王を呪ったシムイを殺そうとしたのです(下3章27節、19章23節)。ライバルを殺害することで、自分の地位は安泰だと思ったのでしょうか。(鈴木 佳秀)

ページトップ

メールを送る

このサイトについて | 個人情報について | ソーシャルメディア・ポリシー | 採用情報 | 教職員ポータル