神を敬い、人に仕える(4代目学長 山田耕太)

地域社会の人々に支えられて感謝![2016-07-08]

夏至を過ぎても、7時半ころまで明るい日が続いています。夕刻に、初めてセミの鳴き声を聞きました。

先週水曜日(6月29日)に、地域連携センター(通称、新発田学研究センター)の研究員の委嘱式がありました。新発田学研究センターは、商店街とコミュニティの機能回復を目的として商店街の活性化・地域文化研究・教育事業の三者を有機的に結び付けてさまざまな事業を展開し、10年目になりました。地域社会のさまざまな方々に大学教育に関わっていただいています。

金曜日(7月1日)午後に、前期「地域学」の講師として、新発田市長が行政のトップの立場から新発田の歴史と現況、人口減少社会に向かう将来への対策を学生に講義してくださいました。

2016.7.8学長ブログ

二階堂馨新発田市長が講義をしてくださいました

 

その朝には、県立新津南高校の先生方と保護者の方々が、翌日には県立新発田農業高校の先生方と保護者の方々が大学見学に来られました。2週間前には新発田市立東中学校の3年生全員が先生方に引率されて来学しました。県内のさまざまな高校からも高校生が大学見学に来ています。

2016.7.8学長ブログ

新発田市立東中学校の3年生が大学見学に来ました

 

日曜日(3日)に学生寮(3、4階)が入っている駅前複合施設MINTO館と共に、隣接した新しい新発田市立中央図書館のイクネスしばたがグランドオープンしました。MINTO館1階のコンビニと薬局、2階の医療モール、新しいコンセプトの図書館により学生寮の魅力は倍増しました。(山田 耕太)

ページトップ

メールを送る

このサイトについて | 個人情報について | ソーシャルメディア・ポリシー | 採用情報 | 教職員ポータル