神を敬い、人に仕える(4代目学長 山田耕太)

「社会人力」を養う[2017-02-17]

立春を過ぎて、今年三度目の寒波が襲ってきています。新潟は以前の二度の大雪ほどではなく、春の足音が近づいています。

先週は学年末の試験週間でした。一方で学生は試験に追われ、その合間に1年生必修の「地域学入門」フォト・コンテストの授賞式があり、試験が終わると共生社会学科3年生の実習報告会が開かれました。他方で教員は試験の後で、答案やレポートを読んで採点することに追われました。

2017.2.17学長ブログ

「地域学入門」フォト・コンテスト授賞式を行いました

 

私自身も3科目のレポートとミニッツ・ペーパーを読んで採点しました。共生社会学科3年生必修の「共生の哲学」では、自分の将来の生き方の方針について、学んだことに基づいて自由に書くレポート課題を出しました。数々のレポートを読み、それぞれの学生の成長を実感しました。

後期最後の授業日に、本学で「秘書技能検定講座」の非常勤講師を6年間務めているUX新潟テレビ21アナウンサーの田巻華月さんが来られ、最近出版したばかりの『「秘書力」で人生を変える!』という御著書をいただきました。鹿児島放送局時代のアナウンサーと社長秘書の経験や敬和学園大学をはじめとする各方面での講座や講演での経験を下にして書かれています。秘書技能検定試験に合格した本学卒業生二人のインタビュー記事も載っています。「秘書力」に限らず「社会人力」を養うのに必読の書で、「リベラルアーツ」の「実践」にふさわしい書です。(山田 耕太)

2017.2.17学長ブログ

本学を紹介し、社会人力をアップする一冊です!

ページトップ

メールを送る

このサイトについて | 個人情報について | ソーシャルメディア・ポリシー | 採用情報