神を敬い、人に仕える(4代目学長 山田耕太)

新学期が始まりました[2017-04-21]

キャンパスの桜が満開です。冷たい雨の日と暖かい晴れの日が交差する中で、ソメイヨシノと枝垂れ桜が咲いています。田んぼでは田起こしが行われ、田植えの準備が進められています。

12日水曜から2017年度前期の授業が始まりました。12日の昼休みには寒い中でしたが、学生たちとお花見をし、短い時間でしたが桜の木の下で笹団子や手作りケーキを食べながら語らいの時を持ちました。毎年共生ボランティアネットの学生たちが準備をしてくれます。今年はJazz Questの演奏も加わりました。

2017.4.21学長ブログ

学生たちと桜の木の下でランチを楽しみました

 

14日金曜のチャペル・アッセンブリ・アワーでは、青野太潮西南学院大学名誉教授が「十字架の意味」について、イエスの「死」と「十字架」が同じではない指摘から始まり、結びにはマルコ福音書のイエスの「十字架上の叫び」の意味と「逆説」的な解釈について、数々の指摘がなされ、大変刺激に富む講演でした。

2017.4.21学長ブログ

青野太潮西南学院大学名誉教授にご講演いただきました

 

14日夜は、学生寮で寮生会議が開かれ、学生たちが主体的に寮を運営している姿を拝見しました。新入生を加えた寮生の前で私もあいさつし、寮運営委員の教職員と寮監・管理人さんが自己紹介し、楽しく夕食を共にしました。翌朝7時半から新発田朝祷会が寮で開かれ、地域社会の牧師・信徒に寮生6人が加わり19人で大学や寮などのために祈り朝食を共にしました。(山田 耕太)

ページトップ

メールを送る

このサイトについて | 個人情報について | ソーシャルメディア・ポリシー | 採用情報